teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:193/4826 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

城間君とニコラス君

 投稿者:京産大ラグビー部ファン  投稿日:2017年12月24日(日)21時03分10秒 121-84-41-30f1.osk1.eonet.ne.jp
  通報
  9/30摂南大戦1年生スタメンの城間君とニコラス君を楽しみに観戦しました。城間君は印象に全く残らず、ニコラス君は確かにトリッキーな動きを見せていたけれど摂南選手にタックルされると吹っ飛ばされるような感じでがっかり感が有りました。12/23明治大戦、2人共スタメン出場でした。城間君の、ボールを寄こせというポーズは頼もしくて、相手の防御の薄い所を見つける嗅覚と突っ込んでいく勇気は、「南海の黒ヒョウ」という感じでした。ニコラス君は、トリッキーな動きに加えて、タックルされてもうだめか?と思った後、4~5歩前に進む不思議な粘りを見せてくれました。2人とも相手の力と真っ向ぶつかるのではなく、相手の力を利用する合気道的な動きを見せる選手だと思います。、またこの3か月間での成長にはスケールの大きさも感じさせられます。明治の祝原、箸本選手もすごくて日本代表になっていくのだろうけれど、自分より大きい外国選手と当たった時どうなんだろうと思います。一方、相手の力をうまく利用する感覚の有る、城間、ニコラス両1年生が、大西先生、元木、田倉コーチの元で成長していくと、相手が大きければ大きいほど力を発揮するスケールの大きな選手になっていくのではないかと思いました。試合後の2人の姿を見ていると純粋さを持った素直な性格の人に思えるし、どんどん伸びていきそうです。 特に私は奈良県民なので、天理vs御所実の決勝戦は毎年見ています。高校1年生の城間君も見ています。日本代表の城間君を高1の時から見ている、という幸せを自慢できる日を楽しみに、そしてなんといってもあと3年ある大学生活でどこまで伸びていくのかをライブで見る事が出来るのも楽しみにしています。  
 
》記事一覧表示

新着順:193/4826 《前のページ | 次のページ》
/4826