teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ポチりました

 投稿者:がのたん  投稿日:2017年 1月17日(火)00時38分47秒
  スパコン5Lは手磨き用とも書いていたし、さらなる仕上げ用としてグロスアップとセットで購入しました。
お試しセットは5Lのセットがなかったからやめました。
まあポリッシャ用でも手で使えるんでしょうけど。

現状でも目立つほどのものではないけど、磨きキズが少しでも薄くなればいいなぁ。
★切れ味が良いということは角部の磨きすぎに注意だすな!
 
 

手磨きの友です大丈夫です

 投稿者:狸小路  投稿日:2017年 1月16日(月)23時25分3秒
   掘るつの超微粒子は、ウルトラフィーナのグロスアップに比べたらまだまた粒子が荒潮です。
 粒子がとにかく細かいので、目で見えるレベルの磨き傷がある場合なら、スパコン5Lダークで消してから、グロスアップを使わないといくら磨いても傷が消えないってことになります。
 3МのスパコンLダークの研磨粒子は掘るつの超微粒子よりもさらに細かい感じですが、ウルトラフィーナはさらにさらに微粒子です。どうやってそんな微粒子の研磨剤を作ってるものやら?
 

3M製品

 投稿者:がのたん  投稿日:2017年 1月16日(月)23時09分14秒
  これは手磨きで使えます?
ちょっと試してみようかしら。
18歳なので結構な磨き傷まみれなのです。
もちろんスピリットではきれいに消えません。
キズが増えないように触って、目立たないように薄く削れればと思っているのですが、いっそ一度リフレッシュも良いかもしれません。
ホルツの超微粒子コンパウンドもきれいにはなるんだけど、割と切削能力が低くて費用対効果というか疲労対効果が得にくいなとは感じてたの。
実家にいる時ならじっくり全体に取り掛かれるんだけど、まあ部分的にでもやってみようかしら。
情報ありがとうございます。
 

洗濯バサミ!!!

 投稿者:がのたん  投稿日:2017年 1月16日(月)22時59分22秒
  確かにそうです。
というか、単純に太陽と思ってたけど、確かにテラス内とかだと劣化はゆっくりだす。
UVに弱い安物は太陽のみでもネロネロになっちゃうけど、白化とボロボロは屋外雨ざらしの専売特許ですな!

そう考えると撥水コートもまんざら無意味じゃないとなおさら思えてきますね。
UVと雨水の両方を防ぐだろうから効果は当然あるといえるのかも。
確かに車の未塗装樹脂パーツも自分のは何かしら塗られてるからか劣化は少ないけど、何もしていないのは真っ白に劣化しちゃいますもんね。
やはり新商品(ただし撥水タイプに限る)のお試し旅は終わることがないということになりそうw
ま、それも趣味の一つですし致し方なしですな。
しばらくはめぼしいものが出るまでレインエックスだと思いますけど。
 

〇EVは

 投稿者:狸小路  投稿日:2017年 1月16日(月)22時55分11秒
編集済
   アルミテープ効果を発揮するのかしら。なんか薄板みたいでボディに貼るタイプだとそれもゼロじゃないかも、カモ、カモン?
 とは言え、ネックレスにして首に巻いたり、ブレスレットにしたり、フューエルパイプやマニホールドに巻いたりは、ないよね。
 ま、なまはげと同様の効果はあるかも。
 se〇と一緒にするな、なまはげに謝れ!あー、なまはげさん、すみません。
★見えない様にアルミテープ貼ってる狸小路としては、えらそうなことは言えないの。
 XJR400君が家に来た時に、彼のインプレッサGTに無理くり張り付けたのも、僕です。
 

水プラス紫外線は

 投稿者:狸小路  投稿日:2017年 1月16日(月)22時46分29秒
  樹脂の天敵もいいところ、ウルトラマンに対するゼットンの様な凶悪な敵です。
洗濯ばさみをはじめとする物干し用具のプラスティックが短時間でジャミラのようにひび割れて粉になって行くのは、驚くばかりですよ。樹脂としては相当丈夫な部類なのに。
逆に濡らさない使用環境だと同じ樹脂の洗濯ばさみで同じように日光に当たってもやれ方はまったくちがうのですよ。
ここの所私は金属製の洗濯ばさみばっかり買ってるなあ。高いけど、もととれるから。
 

雨水だったんですか

 投稿者:がのたん  投稿日:2017年 1月16日(月)22時01分35秒
  妹のカローラ、軒先に出てる鼻っ面だけボンネットとバンパーの上面が逝ってました。
いまのノアは全長も長いのと夫婦欲しくて買った一目ぼれ車ゆえ軒先にハーフカーポートを延長して、しかも一応CPCもしてあるってことでボディはもちろんヘッドライトの黄ばみも発生していないもんだからてっきり太陽かと思ってました。
まあ太陽もあるのかもですが、確かに雨水が当たってさらに太陽が当たる部分が怪しいですねぇ。
西日が当たり続けるような場所でも側面が劣化しているのは見たことないですから。

あとUV対策がほぼ完成の域に達していたのは知りませんでした。
昔はUV対策をうたったワックス類が結構あったけど最近見なくなったのはこういった技術的進歩もあるのかなぁ?
まあ、なんらかが塗ってあるというだけでワンクッションにはなるんでしょうけど。
サンオイル以外はw

SE○についてはカーグッズマガジンとタイアップ状況でがっかりするところです。
効果を感じてるやつらにブラインド試験したいところ。
まあ、思い込みも大事な性能だから決して悪いことではないんだけど、でももしかしたら特許部分とは別の部分、例えばトヨタのアルミテープみたいな効果が金属槐として出ている可能性も否定はできないわけです。
特許部分が胡散臭いからどうにも今一つ信憑性が得られない眉唾グッズにしか見えないけど。
トヨタも案外眉唾グッズからヒントを得ていたりとかありえそうですな。
 

スピリット派のがのたんに

 投稿者:狸小路  投稿日:2017年 1月16日(月)21時51分33秒
編集済
   使用目的が違うかもだけど、スピリットもコンパウンドなわけだから、その意味では多分これが上位互換するはず。
https://www.amazon.co.jp/3M-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8A-%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-5959/dp/B00JJ9XR9O/ref=sr_1_6?ie=UTF8&qid=1484569849&sr=8-6&keywords=3m+%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89
住友3?のウルトラフィーナコンパウンドのグロスアップ。
スピリットはシリコンまみれなので素人さんには使いやすいけど、逆にそれが邪魔してどれくらい磨けたのか分かりにくいのね。シリコンの反射でごまかされるし。
それとスピリッツは使ってみると研磨剤の粒子がまだまだ荒いのと、粒子自体の硬さが足りないので
作業性も悪いし鏡面を作るにはハッキリ足りないの。
コンパウンドの研磨剤はつまり刃物ですから、切れ味のいい刃物、刃の厚さが均一の刃物であるべきなの。
そして、刃物に油をつけてモノを切っちゃだめなの。
3?のこのシリーズとスパコンシリーズはシリコンオフなので手ごたえはスピリッツよりやや重いけど、面を作るにはずーっと良いよ。
それに、その上に塗装するとかコーティングするとかでもシリコンが悪さしないし。
多分これ使ったら、磨きの腕が格段に上達したような感覚になります。
★わたしは、同じく3?のスパコン5Lダーク超微粒子で磨いて、仕上げにウルトラフィーナって組み合わせが最強だとおもうのよ。
 模型もピカピカよ。
★量が多くて値段も高いのが欠点だけど、お試し小分けセットがあるみたい。
 

本当に浸透したら

 投稿者:狸小路  投稿日:2017年 1月16日(月)21時05分53秒
  塗装膜が分解しちゃうから。
架橋アルキル樹脂(ウレタン塗料)の分子構造間に何かが浸透できるとしたら、その高密度の網目を切りながらってことになるでしょうから、相当に攻撃性の高い、素手ではとても触れないようなヤバ気な成分ってことになるし。
今のウレタン塗料はガソリン程度じゃそうそうくじけないくらい強いのよ。
そこに浸透かあ、すげえなあ…てそんなワックスやコーティング剤なんてねえってばよ。
塗装に浸透するって能書きはおっしゃる通りインチキですわね。
★言い訳がまたすごいですねえ、塗膜の梨地凸凹を埋めるって、目で見てすぐわかる程度の凸凹なら小麦粉だってはいるでしょ。ナノテクって言うと消費者が恐れ入ると?
 ホント苦笑せざる得ないレベルの主張ですなあ。
 なんでカー用品はそんなのが野放しなんですかねえ?S〇Vもまだやってるし。
 だから、私は水洗いの人になってしまったんですけどね。
★確かに、今も昔も、樹脂の敵は紫外線ですね。
 あと最近では、酸性雨、そして黄砂などの硬質の微粒子って両方大陸由来かい!
 関西ペイントも日本ペイントもいかに対紫外線耐久力を上げるかに腐心してきたわけで。
 でも、今では、それもかなりのところまで到達したみたいで、トヨタと塗料会社が共同設置したネバダ砂漠の実験場に10年以上野ざらしにしても、問題にならない程度までUV耐久性は向上したと。
 あでも、実は雨水と紫外線の合わせ技が厄介なんですって。
 樹脂の加水分解に対する耐久性の向上が今の課題の一つって話よ。
 乾燥した砂漠はもう怖くないけど、雨が多くて日差しが強いって気候は砂漠以上に車のボディを痛めつけるのね。金属も樹脂も。
 撥水被膜を塗装面に乗せるってことは、今や単純な紫外線対策ってことよりも、雨水と塗装面を切り離すことで紫外線との合わせ技を防ぐと言う意味で効果が期待できるのかなあ。
 

でたらめだらけのワックスメーカー

 投稿者:がのたん  投稿日:2017年 1月16日(月)19時48分38秒
  ワックスメーカーは塗装に浸透とか平気で使ってくるけど、塗装より密なものってないんだと思う。
まあ、そんなメーカーに質問すれば浸透ではなく被覆だと訂正するからまだましなんだけど、まったいらではない塗装の凹凸に入り込むという意味で浸透としているという回答もあってなんだかなぁって状況だす。
確かに塗装面はやや梨地なわけだから平らじゃないけど、その凹凸に従来の物が入れないけど最近のナノテク製品は入り込むとか何の根拠があって言ってるのかと、ホント消費者だましの何物でもないのよね。
まあ、この辺はだまされるのも楽しさの一つだから別にいいんだけど、でも錯覚を生まないような表現にしてほしいものです。

親水系もそうよね。
親水なんてガラスをコンパウンドできれいに磨いた状態がまさにそれなわけで、筋になって水が流れるのは撥水なんだけどねぇ。
だいいち、塗装面をきれいにした状態に親水系を塗布すると撥水するからねぇ。
最近は施工直後は撥水になりますなんて書いてある商品もあるみたいだけどさ。

塗装に関して自分が危惧しているのはやっぱり紫外線だす。
ワックス類をかけずに炎天下に置いとくと、塗装の劣化はやっぱり著しいと思うの。
妹にあげた自分のカローラもそうだったし、手をかけない濃色車なんて白色化してるような車も見かけます。
ウレタン塗装黎明期のメタリック車のクリア剥がれほどひどくないけど、ああなると手作業では修復不能ですしねぇ。
かと言ってCPCみたいな5年保証コーティングでも放置しとくと輪染みや焼き付けを起こすらしくて、うちが出入りしているカローラ店ではCPCがわの保証制度にのっとって磨きを入れた車両もあるとのこと。
なお、CPCの保証は毎年のメンテをしなくても受けられるらしく、その意味では真面目な会社と思いました。
 

レンタル掲示板
/739