teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


高安と宇良

 投稿者:pakusan  投稿日:2017年 6月 5日(月)06時17分26秒
  高の里に2票(?)いただきましたが、高安は、日刊スポーツによると引退まで本名で取り続けるようですね。 その他のスポーツ新聞ではそこまで書いていないので、その辺りが気になりました。

宇良ですが、千秋楽の相撲を見て、栃赤城、舞の海、安芸乃島を足して3で割ったような力士なのかなと思ってしまいました。 安芸乃島が入っているのは、見た目によるところが大きいかも知れませんが。。。

https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1831466.html

 
 

新聞によると

 投稿者:肩すかし  投稿日:2017年 5月29日(月)21時48分13秒
  本名のままで続行するそうですね。

高の里いい四股名だと思いますが。

栃赤城大関取りの初日が魁輝ですね、難なく倒して翌日千代の富士戦でケガをして。

玉鷲、化けました。十分大関の実力はありますが、果たしてあと二場所二桁あげられるか?正代に御嶽海、貴景勝に阿武松、未来の千秋楽結び候補が千秋楽で、後者の勝ったほうが敢闘で、宇良が技能ではなく異能なら栃赤城のように敢闘でもと思いますが。
 

髙の里 かな?

 投稿者:まっつん  投稿日:2017年 5月29日(月)10時52分14秒
  こんにちは
髙安の大関昇進確実という報道に安堵しました今場所。
あとは、稀勢の里の怪我が来場所までになんとか完治するのを祈るばかり。
若手の闘志漲る連日の取り組みにも大いに楽しませてもらいました。

昨今はちょっとしたニュースやコラムに宣伝広告等、あらゆる所で相撲用語を使っているのを見聞し、大相撲人気極まれり☆の感♪

さて、髙安の四股名改名については<髙の里>がいいんじゃないかと私も思います。
ただ、大関でなのか、さらに上を目指して綱取りが叶ったらなのか。
さらにさらに上を目指してほしいし、できると思えるし、綱だったら稀勢の里も喜んで押してくれるんじゃないかと。

これからも目が離せませんね。
 

Re: 番付昇降予想

 投稿者:pakusan  投稿日:2017年 5月29日(月)06時07分34秒
  千秋楽結びの一番は、なかなか見応えがありました。 三賞予想は結構予想を外しましたが、宇良が何も受賞できなかったのは、北の富士さんも驚かれていましたね。

番付昇降予想は、肩すかしさんと同じです。 高安の改名があるのかが気になっています。 玉鷲は関脇で10勝、見事でした。 
 

栃赤城-魁輝

 投稿者:おーすか  投稿日:2017年 5月28日(日)23時38分33秒
  肩すかしさん
幕内に限れば栃赤城6勝 魁輝10勝のようですね。
大関候補だった栃赤城に対して、魁輝は小結で一度8勝してますが、平幕上位でも家賃が高い感じの成績ですので、得意な相手、やりやすい相手という印象を持ったのでしょうね。
32歳の玉鷲の最近の充実ぶりは目を見張ります。ひょっとして大関昇進もあるかもしれません。
 

番付昇降予想

 投稿者:肩すかし  投稿日:2017年 5月28日(日)18時40分41秒
  魁輝にとって栃赤城は得意の相手でしたか、対戦成績で見る限りそれなりに拮抗しているのですが、体感というのがあるのでしょうか?面白い話です。

宇良の栃赤城襲名論はかなり無理がありますが、今は栃赤城対戦している力士が定年を迎えているので、これからちょくちょく話題になるかもしれません。しかし今場所の三賞授賞ならなかったのはどうしてだか。技能の認識も少し変化したのか、人気力士優遇だと批判を受けるのか?来場所は横綱大関対戦圏内に昇進しますので三賞を獲得するような活躍を期待できるのでは?

期待したいのは、チケットが取りやすくなればなと。今場所は20年ぶりに朝の当日券並びました。九日目なのに発売時間前に札止め。

番付昇降予想ですが、高安がめでたく大関に。関脇は玉鷲に御嶽海。小結は嘉風と琴奨菊。幕内は妙義龍、豊響、魁聖、豊山に代わり佐田の海、錦木、千代丸、臥牙丸。十両は貴源治、旭日松に代わり阿炎、岩崎。
 

Re: 元魁輝の友綱親方定年

 投稿者:pakusan  投稿日:2017年 5月27日(土)09時59分9秒
  おーすかさん、情報をありがとうございます。 デイリースポーツとは、さすが関西の方ですね。

この機会に、栃赤城の現役時代の話がちらっと出るとは、思いもよりませんでした。 このように語ってくれる方がもうほとんど定年を迎えられたことになるでしょうか。

6日目の中継にゲストで来られたときには、いろいろと話が聞かれ、見応えがありました。 再雇用で協会に残られるとのことですので、また何かの折に、栃赤城の話が聞かれたらと思います。
 

元魁輝の友綱親方定年

 投稿者:おーすか  投稿日:2017年 5月27日(土)01時03分5秒
  元関脇魁輝の友綱親方が定年に関するデイリースポーツの記事で栃赤城の名前が出ています。

現役時代の自慢は当時、サーカス相撲で知られた栃赤城にめっぽう強かったこと。「みんな苦戦してたけど、一番やりやすかった」と笑顔を見せた。

とのことで、北の湖や輪島にも勝てるのに、栃赤城に強かったことが自慢だとは意外なコメントです。
相撲雑誌によると下戸でサイフォンでコーヒーを淹れるのが趣味と紹介されていて、見かけによらないものだと思いました。
また、大相撲中継の解説では学生相撲出身の幕内力士を「学生さん」とか呼ぶこともあり、中学生から入門した力士として、大卒力士にはかなり対抗意識を持っていたのではないかと推測しました。
親方の中では一番個性的で好きでした。今後も再雇用されるということで末永くお元気で活躍してもらいたいです。
 

Re: 襲名

 投稿者:pakusan  投稿日:2017年 5月26日(金)18時24分30秒
  本日、内視鏡検査が終わり、ようやく少し落ち着いた時間があり、書き込みしています。

宇良は、なかなか活躍していますね。 部屋を超えての襲名、ユニークな発想ですね。 確かに同じ一門である分、実現の可能性はあるような気もします。 ただ、ファンはそれを望む一方、本人は望まないような気もします。 本人次第でしょうか。

高安は、稀勢の里が上にいるだけに、隆の里というのは襲名しづらいかも知れません。 少し捻って、隆乃里、隆之里、高の里などというのはどうでしょうか。

雑誌は、このところ「相撲」の月刊しか読んでいませんが、ちょこちょこと気になる記事が他の雑誌に載っているようですね。 余裕があれば読んでみたいものです。

残り2日になりました。 三賞予想ですが、まだまだ予想がつきませんね。 条件ばかり付けてしまいますが、貴景勝が明日負ければ、殊勲賞:高安、敢闘賞:高安(12勝以上)、阿武咲(明日勝てば)、宇良、技能:なしになるのではないかと予想します。
 

襲名

 投稿者:肩すかし  投稿日:2017年 5月18日(木)23時03分38秒
  少し前は往年の名力士の四股名を継ぐのは、番付を上げてそれまでの愛着ある四股名の変えるのは反対もしくは前代の力士のイメージを壊したくないという意見を聞いたことがあります。

豊山襲名をすることで新しい相撲ファンが昔の力士を知るいい機会かと思います。

それで宇良君、ここらで一門が同じということで栃赤城襲名というのはいかがでしょうか?彼なら期待に応えてくれると。

高安が隆の里、石浦に鷲羽山、正代には双葉山まではいかなくても双葉なにそれとか許しても。

出羽の海、春日野部屋のの本は雑誌相撲の増刊で、少しだけ栃赤城が紹介されてましたが、別の大相撲雑誌の34代庄之助さんの栃湊対高橋山の思い出話が一番読みごたえがありました。大相撲ジャーナルが二分化されたのですね、ややこしいですが、ブームが去っても読みごたえのある雑誌を継続してほしいなと。
 

レンタル掲示板
/204