teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 新校舎

 投稿者:マー  投稿日:2017年 6月13日(火)07時29分22秒
返信・引用
  完成予想図を見ると新校舎には「SENSHU UNIV.」と明示されますね。
(体育会以外の話題は別の掲示板の方が良いかと思います)
 
 

新校舎

 投稿者:食堂館  投稿日:2017年 6月11日(日)14時12分28秒
返信・引用
  新たな校舎には、専修大学もしくはSENSHUなど、最上階あたりに明示するのでしょうか?  

石巻専大野球部 結束の力

 投稿者:専修応援席  投稿日:2017年 6月 7日(水)18時45分7秒
返信・引用 編集済
  日刊スポーツ
石巻専大1安打完敗も4年生11人結束し後輩けん引
<全日本大学野球選手権:岐阜経大1-0石巻専大>◇6日◇2回戦◇東京ドーム

石巻専大(宮城・南東北)が岐阜経大(東海地区)に、あわやノーヒットノーランの内野安打1本に抑えられ、0-1の完敗を喫した。
8回6安打1失点と粘った菅野一樹投手(2年=聖和学園)を援護できなかった。

手も足も出なかった。相手下手投げの岐阜経大・与座海人(4年=沖縄尚学)の120キロ台の遅球にタイミングが合わない。リーグ首位打者の1番小野侑宏主将(内野手、4年=聖和学園)が無安打で、ペースをつかめなかった。
「力の差を感じた。動く球を打ち損じてしまった。南東北にはいないタイプ」と肩を落としたが「良い面と悪い面が出たけど、全国は楽しめた」と神妙な面持ちで振り返った。

岐路に差しかかっていたチームが全国1勝をつかんだ。昨冬、就職活動を優先したい新4年生が次々と退部し、入学時には20人以上いた同期が、春を前に11人まで減った。
主将の小野は「後輩たちにこの部にいる意味を分からせてあげたい」と、プレーや背中、言動でけん引。その小野の姿に触発された4年生が結束してチームは好転した。
この日、8回1失点と粘った菅野は「4年生が引っ張ってくれたからこそ、ここまでこれた。次は自分たちの番」と力強く宣言した。

4年生11人は、この試合をもって引退する。
試合後、記念写真に納まった小野は胸を張った。「後輩たちにここで野球をやる意味を残せたと思う。途中でやめても何も残らない。
たった11人でも最後まであきらめずにやれば、いい結果が出せることを証明できた」。
酒井健志監督(39)も前を向いた。
「この4年生の姿を見て、どう感じたのか。これを超えてやろうという気持ちがあれば強くなる」。
小野たちが植え付けた遺伝子が、また次の世代で花を咲かせる。
 

石巻専大野球部 勝利②

 投稿者:専修応援席  投稿日:2017年 6月 6日(火)07時16分18秒
返信・引用 編集済
  (スポニチ)
石巻専大1年松沢 勇気の完投 昨年大火の地元・糸魚川に、石巻

全日本大学選手権が神宮球場と東京ドームで開幕し、1回戦が行われた。8年ぶり出場の石巻専大は松沢寛人投手(1年)が1失点完投。共栄大を下し06年以来の全国2勝目を挙げた。

124球目で最後の打者を二ゴロに抑えると、松沢の顔から笑みがこぼれた。右横手から自己最速を1キロ更新する最速147キロの直球を繰り出し、1失点で完投勝利。
1年生が石巻専大に11年ぶりの白星を運んだ。
「勝ててうれしい。初回に失点したが、後ろに先輩たちがいる。どんどん腕を振ろうと思った」

出身は新潟県糸魚川市。糸魚川高3年だった昨年は速球派として県で注目された。大学での再スタートへ、準備を進める12月。同市が大火に見舞われた。
近しい人たちに被害はなかったものの、小さい頃に道具を買った思い出のスポーツ用品店が全焼した。直後に進学で故郷を離れたが「後輩たちも頑張っている」と力に変えた。

教員になる夢と野球を両立できるとして進学先に選んだ石巻専大がある宮城県石巻市は、東日本大震災で大きな被害が出た。「どちらも被災地。元気でやっている姿を見せられればと思った」。
今春のリーグ戦ではチーム2位の4勝を挙げて自身初の全国大会出場。
当時の恩師らも球場に駆けつけ「凄く興奮して高ぶった」と、9奪三振と堂々の投球を見せた。

◆松沢 寛人(まつざわ・ひろと)1999年(平11)1月30日、新潟県糸魚川市生まれの18歳。小1から野球を始める。
糸魚川高では2年春からベンチ入りし、2年秋からエース。3年夏は新潟大会16強。1メートル74、76キロ。右投げ右打ち。
 

石巻専大野球部 勝利

 投稿者:専修応援席  投稿日:2017年 6月 5日(月)19時05分24秒
返信・引用 編集済
  (日刊スポーツ)
石巻専大11年ぶり勝利 松沢が147キロ9奪三振
<全日本大学野球選手権:石巻専大6-1共栄大>◇5日◇1回戦◇東京ドーム
8年ぶり4度目出場の石巻専大(宮城・南東北)が共栄大(埼玉・東京新大学)を6-1で下し、06年以来11年ぶり2度目の初戦突破を果たした。先発した右横手投げの松沢寛人(1年=糸魚川)が9回4安打9奪三振1失点で完投。

 力のない飛球が二塁手のグラブに収まると、松沢は右手で小さくガッツポーズをつくり整列に加わった。歓喜に沸くダッグアウトで先輩から次々と握手を求められた強心臓ルーキーは「初回に1点とられたけど、その後は自分の投球ができた。真っすぐには自信があった」と胸を張った。初回に自己最速を1キロ更新する147キロをたたき出し、110キロ台の曲がりの大きいスライダーを織り交ぜ相手を翻弄(ほんろう)。
系列の専大応援団をバックに、野球人生初の全国大会で躍動した。

 松沢にとって、1年前には想像すらできない舞台だった。高1夏に上手から横手に転向。最速は142キロまでアップしたが、高3夏の新潟大会は4回戦敗退。
小学校の教員免許取得のため、大学では硬式野球を続ける予定はなかった。そんな松沢を熱心に勧誘し、リーグ戦で抜てきしたのが、同じ新潟出身の酒井健志監督(39)だった。
この日、糸魚川から観戦に訪れた母美穂さん(43)は「東京ドームで投げているのが夢みたい。見ている方が緊張する」と目を白黒させた。

見えないものを背負って戦っていた。昨年12月22日、糸魚川市内で大規模火災があった。松沢の自宅は無事だったが「同級生の親戚や世話になっていたスポーツ用品店が被害を受けていた」と故郷を思いやった。続けて「自分の活躍が伝われば、少しでも活気づくと思う」と言葉に力を込めた。

今日6日の2回戦に勝てば、同大初の大会2勝となる。松沢は「一樹さん(エース菅野)が後ろにいてくれたから、ペース配分を考えずに投げられた。今度は自分が逆になって、最後いけるように」と2日連続の登板に意欲を見せた。
日本海から太平洋に現れた1年生の剛腕が、大車輪となる。
 

卓球部 男子優勝 女子6位

 投稿者:専修応援席  投稿日:2017年 6月 4日(日)19時13分2秒
返信・引用 編集済
  卓球「春季関東学生リーグ戦」男子優勝
専修大学ホームページより

<男子>7勝0敗 優勝 *3季ぶり29回目
 第1戦 〇専大 4-3 日大
 第2戦 〇専大 4-3 中大
 第3戦 〇専大 4-0 駒大
 第4戦 〇専大 4-1 法大
 第5戦 〇専大 4-0 早大
 第6戦 〇専大 4-1 明大
 第7戦 〇専大 4-1 筑波大  <個人賞>
  殊勲賞・優秀選手賞
  最優秀ペア賞
 及川瑞基(商2・青森山田)
 田添健汰(商4・希望が丘)
 郡山北斗(経営3・関西)組
<女子>2勝5敗 6位
 第1戦 ●専大 3-4 日体大
 第2戦 〇専大 4-2 淑徳大
 第3戦 ●専大 3-4 日大
 第4戦 〇専大 4-1 國學大
 第5戦 ●専大 3-4 東京富士大
 第6戦 ●専大 2-4 中大
 第7戦 ●専大 2-4 早大  <個人賞>
  優秀選手賞
 安藤みなみ(商3・慶誠)

 

本年一般入学の名倉巧君がサッカーJ3琉球で4ゴール目ゲットです。

 投稿者:S63経済卒業専大サッカー偏執的愛好者  投稿日:2017年 6月 3日(土)21時09分20秒
返信・引用
  本年、国学院久我山高校から一般入学しサッカーJ3琉球FC に入団し二足の草鞋を履いている名倉巧君。本年新入生だがサッカー部未入部の一般学生。しかしJ 3とは言え高卒J リーガーとなった逸材。本年J 3デビューで早くも8試合に出場し今日の決勝ゴールで既に4ゴール目。何時かはJ 2、J 1へステップアップしていく選手と思います。サッカー部員ではありませんが横浜マリノスの仲川輝人君以来のスーパー1年生と言えましょう。野球部や駅伝の話題で皆熱くなりすぎて喧嘩したりしてますが珠には肩の力を抜いて角度を変えて専大スポーツを眺めて見るのも良いのではないでしょうかね。他にも男子卓球部の復活やバスケ男子ソアラーズへの期待感など専修スポーツの閉塞感を打ち破る競技分野も幾つか有るので長い目で専修各スポーツを応援したいですね。  

本日、関東大学サッカーリーグ戦明治大学戦快勝

 投稿者:S63経済卒業専大サッカー偏執的愛好者  投稿日:2017年 6月 3日(土)16時05分59秒
返信・引用 編集済
  サッカー部、久々に頑張りました。本日の関東大学サッカーリーグ戦で強敵明治大学に追い詰められましたが終始リードを保ち危なげなく3対2で快勝しました。
小林岩魚、大西、葛谷の三人がゴール。これで9位から6位に浮上しました。復活の日は近い。専修はサッカーが強くないと面白くないよね。野球や駅伝と違って変に気合いが入りすぎないからサッカーは良いですよ。サッカーもそこそこ強い割りには野球や駅伝、ラグビーと比べると認知度低いので沢山の人が応援に行ってくれると選手達のモチベーションも上がると思うのですが。頑張れサッカー部。
 

神奈川大学はすごい

 投稿者:黒門  投稿日:2017年 5月29日(月)23時07分59秒
返信・引用
  本日の朝日新聞で特集「大学力」にいくつかの大学が登場して自校のPRをしていました。
その中でひときわ目を引いたのが神奈川大学で、創立100周年事業として2021年
までに横浜みなとみらいに新校舎を建てるというものです。面積は46000㎡、21
階(地下1階)、工事費は350億円です。ここには経営学部と外国学部を移転、それに
外国学部国際文化交流学科と大学院常民文化研究所の一部を統合した新学部を設置する
とのことです。完成すれば横浜港のランドタワーとして注目を浴びることでしょう。

対する専修大学神田キャンパスの新校舎ですが、面積は13446㎡、階数で16階、
高さが80mです。神奈川大学は21階で5階高いことから、多分100m位の高さに
なるでしょうし、面積も本学の約4倍と規模は大きくなっています。本学は隣接地に
やっと新しい土地を獲得したので贅沢は言えませんが、明治大学リバティータワーや
法政大学ボアソナードタワーのような規模と高さ、それに威風と大学創始の理念と学
風が一致したデザインがほしいところです。

今日の記事の中には、駒澤大学の新校舎、関東学院大学の整然としたキャンパス写真
もありました。どの大学も少子化の中、生き残りを賭けてキャンパス整備や学部再編
と新しい取り組みをPRしているのがよくわかりました。本学も伝統校だからとあぐら
をかいてしまえば潰れてしまう危険性を否定はできません。大学当局においては、常
に大学の進化と不断の努力、そして情報収集を忘れずに頑張ってほしいと思います。
また、私たちOBも大学へ支援をしていくことが大切だということを改めて感じました。
校地を取得できた
 

Re: 神田新校舎完成パース

 投稿者:OB Y  投稿日:2017年 5月29日(月)09時55分58秒
返信・引用
  > No.1596[元記事へ]

専修応援席さんへのお返事です。

> >専大ファンさんへのお返事です。
>
> ありがとうございます。完成が楽しみです。

どうせ建てるんだったら20階建てが良い。。。

九段の高台から見ても、20~30m違うからね、、、、

金が無ければ、無理だけど!!!!

落ち目な専大も少しは良くなるかな!!!!
 

レンタル掲示板
/121