teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


関東学院大学 オープン戦

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 5月24日(日)23時14分46秒
返信・引用
      [前半]     [後半]     [合計]
専修大A 14(2T2G)   12(2T1G)   26
関東学A 12(2T1G)   44(6T4G2PG)  56

①小俣勇也4、②中野勝太2、③古屋篤史3、④南都陸央3、⑤西村龍馬2
⑥吉國貴一2、⑦大栗松長4、⑧松土治樹2、⑨古川浩太郎3、⑩小田生樹2
⑪上田龍之介3、⑫植田直人4、⑬吉田泰貴4、⑭池田大芽2、⑮田辺雅文3
(リザーブ)梶原瑛2、松岡遼太2、門真平4、前川和綺4、中島陸斗2
      水野佑亮2、野田高陽4、浅利拳史郎4

皆さんが言われるように多くの課題が浮き彫りになったゲームでした。
今季のオープン戦や春季大会でも出ていたディフェンスの課題が一挙に出てしまいました。
明治学院大戦や立教大戦では、大きくは目立たなかったですが実力のあるチームとの対戦では
ハッキリと出てしまいました。
関東学院大の強く早い集散やスピードあるアタックに受け身になりディフェンスも機能せず
関東のSOにも良いように走られ、度々内側(縦に)ロングゲインされトライを取られた。
ディフェンスに関しては、今季取り組んでいるシステムが身についていないようです。
専修大のアタックは、⑪上田選手や⑭池田選手そして⑮田辺選手など決定力のある選手が
いるのでBKをどう生かすのかにかかっています。
今日にようにFWにプレッシャーをかけられ、ハーフ団が生きたボールを供給できないと
苦しいゲームになります。
FWのスクラムやモールの強化やボールを動かしてくるチームへのディフェンスの課題を
どう解消できるか期待したいと思います。


    [前半]     [後半]     [合計]
専修大B 30(4T2G2PG)  33(5T4G)   63
関東学B  7(1T1G)    7(1T1G)   14

①梶原瑛2、②松岡遼太2、③門真平4、④笹山大4、⑤前川和綺4
⑥仁科瑞規2、⑦石郷岡大地3、⑧浅利拳史郎4、⑨中島陸斗2、⑩工藤朗仁3
⑪松縄壱軌4、⑫水野佑亮2、⑬高埜秀之2、⑭松永勇基3、⑮野田高陽4
(リザーブ)兒玉滉貴2、福田泰史2、斎藤大輔4、殿元政仁1、高橋昂平1
      石原武1、井上拓海1、坂本洋道1、前田勇気3、光吉謙太郎1

Aチームが大敗した後だけに、Bチームの頑張りに救われました。
FWは前に出て生きたボーるをBKに供給。アタックもディフェンスも前に出て勝負。
当然、テンポも良くなりパスが繋がりトライがとれる。
Aチームにも見習ってもらいたいゲーム内容でした。
FWでは⑥仁科選手と⑦石郷岡選手、⑧浅利選手。BKでは⑨中島選手と⑭松永選手、
⑳高橋選手の活躍が目立っていました。
 
 
 

(無題)

 投稿者:専大最高  投稿日:2015年 5月24日(日)22時17分13秒
返信・引用
  あと、後半は完全に走り負けてました。
追われる立場でもあります。幸いだった
のはBが勝ったこと。部内マッチが盛り
あがるのを期待します。
 

(無題)

 投稿者:専大最高  投稿日:2015年 5月24日(日)22時12分10秒
返信・引用
  厳しい試合でした。
ブレークダウンは完敗でした。
一部のチームは調整の時期ですから
秋が思いやられます。
現実が見えた気がします。今季はしっかり
一部定着を目指すことが目標でしょう。
 

Re: 悔しい敗戦

 投稿者:aki  投稿日:2015年 5月24日(日)20時52分56秒
返信・引用
  > No.5103[元記事へ]

SO1X29さんへのお返事です。

私も同感です。FWはBチームの方が体格が良い選手が多くいると感じています。
ハーフ団やバックスにもAに入っても遜色ないと感じました。
村田監督もABの入れ替えは考えていらっしゃると思います。
Aチームが敗れた後で気合が入っていたのもあると思いますが、Aとは正反対で専修の方が気持ちが入っており、関東には迫力を感じませんでした。
Aチームも春季大会で好スタートを切っており、Cグループの優勝を狙っているだけに関東対策は昨年秋ほど出来ていなかったのではないか、逆に関東は秋のリベンジとしてこの試合に照準を合わせてきた、そんな印象を感じています。
立正、日大も関東と同様かなりの気迫と強い気持ちでぶつかって来ると思います。
そういう相手に対して、今日のように受けに回らず自分達のラグビーを出来るか?
それをよく見てみたいと思います。
とにかく、昨年の関東戦、入替戦そして春季大会の拓殖戦のようなチャレンジャー魂を忘れないで欲しいと思います。

> Aチームの方は、仰る通り、気持ちと気迫が関東の方が上と感じました。声も関東の方が出ていました。FWはもう少し専修の方が押せると思いましたが、ほぼ互角で少し押される場面もあり、スクラムサイドを何度も突破されました。関東のSHのアイデアが勝ってましたし、タックルも試合全体で甘く、専修の展開攻撃はことごとく読まれており、中々ゲイン出来ずかなり研究されていたと感じました。また折角のチャンスのマイボールラインアウトもミス多発で流れを自ら潰し、相手に流れを与えてしまいました。特に後半の21-29の後。ここで流れに乗っていたら逆転出来たのに。Bチームが圧勝のだけに悔しく勿体ない大敗です。田辺君の個人技のキレは相変わらずでしたが。オープン戦で課題が確認出来たとポジティブに考えるべきですが、夏合宿ではFWの1列目と2列目のABチームで一番いい組み合わせを模索もすべきと思いました。今日はBチームのFWの良さが攻撃にディフェンスに目立ちました。特に笹山(4番)、齋藤君(18番)。またSHの中島君もキレキレでした。
 

(無題)

 投稿者:小田原本町  投稿日:2015年 5月24日(日)19時29分30秒
返信・引用
  Aは期待はずれでした、管理人さんの辛口解説を待ってます。  

Re: 悔しい敗戦

 投稿者:SO1X29  投稿日:2015年 5月24日(日)19時12分26秒
返信・引用 編集済
  akiさんへのお返事です。

> 今日の関東学院大Aとの対戦は思わぬ大敗を喫してしまい
> 非常に悔しいです。
> 組織だったゲーム運びをされてしまったのとブレークダウンの
> 攻防も関東の方が上回っていました。
> 管理人さんの詳しい分析と感想をお聞かせ頂きたいところですが、モチベーションは関東学院の方が高かったように感じました。相手モールになった時に、専修が入らないのを相手コーチに突かれビッグゲインを許したり、後半は右サイドを何度も突破されて同じようなトライを何度も許してしまっていた点が敗因だと思いました。
> Bが圧勝したので気持ち的には少し救われましたが、
> 何とかこれを良き教訓として欲しいと思います。

Aチームの方は、仰る通り、気持ちと気迫が関東の方が上と感じました。声も関東の方が出ていました。FWはもう少し専修の方が押せると思いましたが、ほぼ互角で少し押される場面もあり、スクラムサイドを何度も突破されました。関東のSHのアイデアが勝ってましたし、タックルも試合全体で甘く、専修の展開攻撃はことごとく読まれており、中々ゲイン出来ずかなり研究されていたと感じました。また折角のチャンスのマイボールラインアウトもミス多発で流れを自ら潰し、相手に流れを与えてしまいました。特に後半の21-29の後。ここで流れに乗っていたら逆転出来たのに。Bチームが圧勝のだけに悔しく勿体ない大敗です。田辺君の個人技のキレは相変わらずでしたが。オープン戦で課題が確認出来たとポジティブに考えるべきですが、夏合宿ではFWの1列目と2列目のABチームで一番いい組み合わせを模索もすべきと思いました。今日はBチームのFWの良さが攻撃にディフェンスに目立ちました。特に笹山(4番)、齋藤君(18番)。またSHの中島君もキレキレでした。
 

悔しい敗戦

 投稿者:aki  投稿日:2015年 5月24日(日)17時49分11秒
返信・引用
  今日の関東学院大Aとの対戦は思わぬ大敗を喫してしまい
非常に悔しいです。
組織だったゲーム運びをされてしまったのとブレークダウンの
攻防も関東の方が上回っていました。
管理人さんの詳しい分析と感想をお聞かせ頂きたいところですが、モチベーションは関東学院の方が高かったように感じました。相手モールになった時に、専修が入らないのを相手コーチに突かれビッグゲインを許したり、後半は右サイドを何度も突破されて同じようなトライを何度も許してしまっていた点が敗因だと思いました。
Bが圧勝したので気持ち的には少し救われましたが、
何とかこれを良き教訓として欲しいと思います。
 

今日、ラグビー関東学院戦

 投稿者:緑の旋風  投稿日:2015年 5月24日(日)07時09分35秒
返信・引用
  今日の関東学院A戦B戦は敗けられない一戦です。
去年は関東学院の決め手を封じ込め思っていない勝ち方でしたが侮れない相手です。
今日はA、Bともきっちり勝ってほしいですね。
 

関東学院大学C オープン戦

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 5月23日(土)15時39分21秒
返信・引用 編集済
      [前半]     [後半]     [合計]
専修大C  0       21(3T3G)   21
関東学C 17(3T1G)   26(4T3G)   43

①網谷龍太1、②中谷駿1、③並木淳1、④小野悠太1、⑤殿元政仁1
⑥赤羽大地2、⑦坂本洋道1、⑧石川恵韻1、⑨高橋昂平1、⑩石原武1
⑪野口宜裕1、⑫澤田歩武1、⑬井上拓海1、⑭木元慎也1、⑮松浦祐太1
(リザーブ)平井壯明3、福田泰史2、辻元亮3、小南周平2、佐藤悠2
      光吉謙太郎1、竹内敬祐3、前田勇気3、仁科瑞規2

今日は反則とミスが多いこともあったが、ディフェンスの不安定さが気になりました。
優勢なスクラムから前に出ての当たりでボールを繋ぎ連続でアタックしましたが、
反則とミスにくわえ簡単にターンオーバーされるなどリズムに乗れず、ディフェンス
にまわった途端に一気に攻め込まれるパターンが多くありました。
タックルもキッチリ止めることができず、関東学院にボールを生かされ次々に繋がれて
しまった。
この悪い流れで専修大は相手ゴール直前まで何回となく攻め込むもトライを取りきれなかった。
専修大にも力強いアタックからロングゲインする場面が度々あっただけに、自分たちの
チャンスを生かせなかったことは残念だった。
頑張っている選手が多かっただけに今後の修正に期待したい。

 

関東学院大学 オープン戦

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 5月23日(土)08時15分8秒
返信・引用
  今週末は関東学院大学とのオープン戦です
今日23日は関東学院大Cとの対戦で関東学院大釜利谷グランド
明日24日は関東学院大ABとの対戦で専修大伊勢原グランドです
開始時間は12時キックオフです
専修大学の実力を図るには興味深い対戦です
 

/244