teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 春季大会 成蹊大学

 投稿者:aki  投稿日:2016年 5月23日(月)09時13分47秒
返信・引用
  応援者さんへのお返事です。

仰る通りと思います。
しかし、昨年春に関東学院が専修にとって
痛い土をつけ、関東学院として「専修組み易し」と
自身をつけさせてしまい入替戦での完敗につながったと
思います。
今度は逆の立場です。
日体大の時のように公式戦でBチームをぶつけてくるのかこないのか、専修も成蹊大学戦のように好調な1年生を試すのか、
いずれにせよ、苦手意識を植え付けておきたい相手なのは確かです。日大も然りです。


> akiさんへのお返事です。
>
> 今はまだ春、入れ替え戦の有力相手になるであろう専修相手に
> この時期にしても手の内をみせてくるはずありません。
> 他大は秋リーグ、入れ替え戦勝利が一番の目標でしょうから。
 
 

Re: 春季大会 成蹊大学

 投稿者:応援者  投稿日:2016年 5月23日(月)07時29分10秒
返信・引用 編集済
  > No.5667[元記事へ]

akiさんへのお返事です。

今はまだ春、入れ替え戦の有力相手になるであろう専修相手に
この時期にしても手の内をみせてくるはずありません。
他大は秋リーグ、入れ替え戦勝利が一番の目標でしょうから。
 

Re: 春季大会 成蹊大学

 投稿者:aki  投稿日:2016年 5月22日(日)23時53分52秒
返信・引用
  管理人さんへのお返事です。

消化不良のストレスが溜まる試合内容でしたね。
管理人さんの仰る通り、テイクオンバックでキックを蹴り
ダイレクトにならないように相手のバックスに取らせアタックに合い、フェーズを重ねられる。数年前に戻ったかのような試
合運びに感じました。
点の取られ方も展開されてあっさりと抜かれてトライ、
今シーズン何度も見てきた失点パターンでした。
来週の帝京への出稽古を経たのち遂に日大・関東との対戦です。緊張感のある厳しい戦いと思われますががっぷり四つに組んだ好ゲームわ期待しております。日大・関東にはAチームを
ぶつけて来て頂きたいですね。


> 特にFWが前に出てからのボールをバックパスしキックするプレーでは、
> ことごとくカウンターアタックをくらい一挙に劣勢になり大ピンチを招いた。
> このプレーを何回も繰り返した所に苦戦する原因の一つがあったと思う。
> 今季の練習でフィジカルが向上したと思われるが、それがゲームに生きてこず
> 当たりの弱さや動きの鈍さからディフェンスが甘くなる場面が目立った。
>
 

春季大会 成蹊大学

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月22日(日)17時49分19秒
返信・引用
       [前半]     [後半]     [合計]
専修大A  33(5T4G)   35(5T5G)   68
成蹊大A  22(4T1G)    5(1T)    27

①兒玉滉貴3 ②中野勝太3 ③古屋篤史4 ④西村龍馬3 ⑤山極大貴1
⑥南都陸央4 ⑦松土治樹3 ⑧佐藤匠1 ⑨古川浩太郎4 ⑩片岡領1
⑪上田龍之介4 ⑫水野佑亮3 ⑬光吉謙太郎2 ⑭夏井勇大1 ⑮田辺雅文4
(リザーブ)梶原瑛3、宮本詩音1、束田涼太2、種田宙至3、石井政充1
      高橋昂平2、木元慎也2、松永勇基4

試合開始早々に2トライを取り順調なスタートをきったと思ったが
成蹊大のスピードある縦アタックに受け身になりロングゲインを許す。
アタックでは浅めのラインでボールをまわすも詰まり気味になりテンポが
でてこない展開に苦しむ。
当たりが弱く力強さに欠けるタックルでは相手を止めきれず、ボールを生か
され成蹊大ペースの試合になっていった。
点数こそダブルスコア以上になったが、ボールの支配率や試合内容では
成蹊大が上回っていた。
特にFWが前に出てからのボールをバックパスしキックするプレーでは、
ことごとくカウンターアタックをくらい一挙に劣勢になり大ピンチを招いた。
このプレーを何回も繰り返した所に苦戦する原因の一つがあったと思う。
今季の練習でフィジカルが向上したと思われるが、それがゲームに生きてこず
当たりの弱さや動きの鈍さからディフェンスが甘くなる場面が目立った。
そんな中で今日も一年生が頑張っていました。
山極大貴選手の身体を張った突進、攻守にわたり運動量が多い佐藤匠選手、
ランやパスそしてキックで活躍した片岡領選手、豪快な突進で度々ゲインした
石井政充選手など目立っていました。
今後の進化に期待します。
前に出る強烈なタックルとテンポの良いアタックが見たかったです。
 

Re: 成蹊大学戦

 投稿者:緑の旋風  投稿日:2016年 5月22日(日)10時36分24秒
返信・引用
  akiさんへのお返事です。

> 明日の成蹊大学戦は是非{圧倒}しての勝利を観たいと
> 願っております。
> 日大が80点ゲームをした相手。是非我が専修大学もそれ以上の
> 結果を期待しております。
> 頑張れ、専修!
> 拓大遠藤監督の言葉をお借りして「弱い者イジメだ!」

私もakiさんと同じ気持ちです。
今日はSOが片岡選手なので得点力が増すと思いますので80点は可能です。
守備も1トライぐらいに抑えてもらいたいです。
今後に生きるゲームを期待します。
 

成蹊大学戦

 投稿者:aki  投稿日:2016年 5月21日(土)15時06分24秒
返信・引用
  明日の成蹊大学戦は是非{圧倒}しての勝利を観たいと
願っております。
日大が80点ゲームをした相手。是非我が専修大学もそれ以上の
結果を期待しております。
頑張れ、専修!
拓大遠藤監督の言葉をお借りして「弱い者イジメだ!」
 

Re: 拓大遠藤監督コメント

 投稿者:aki  投稿日:2016年 5月17日(火)23時44分40秒
返信・引用
  管理人さんへのお返事です。

返信頂きありがとうございます。
専修は確かに格下のチームには
確実に勝利しても、弱い者イジメ的な
完膚なきまで叩き潰すゲームが出来ないでおりますよね。
今年こそは下位チームを圧倒してただだきたいですね。
 

Re: 拓大遠藤監督コメント

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月17日(火)09時47分28秒
返信・引用
  akiさんへのお返事です。

貴重なお話をありがとうございます。
遠藤監督ならではの「檄」だと思いました。
そして、これは我が専修大学ラグビー部の問題でも
あります。ここ10年以上にわたり、下位のチームと
のゲームでも圧倒できない、でも上位チームとも
それなりに戦える。
これは、どんな相手と戦っても全力で戦い抜く、隙
があれば徹底的に攻めきる。この精神的な強さが
足りないから、もうワンステップ上がれず、真の
強さが出てこないのではないかと思います。
帝京や東海に近づくためにも、他のチームのことと
無視せず自分たちにも置き換えて考えてほしいですね。
 

Re: 拓大遠藤監督コメント

 投稿者:OB  投稿日:2016年 5月17日(火)08時51分23秒
返信・引用
  akiさんへのお返事です。

>  来年は専修と2部でやる事なる。とにかく練習や!」この厳しさ、ハンパじゃないな、

え?拓大監督からしたら、専修は今年は入れ替え戦勝てない?ともう予測してるのか?
普通なら、「お前らは来年2部、専修は1部になるからもう試合できないぞ!」
じゃないのか。
 

拓大遠藤監督コメント

 投稿者:aki  投稿日:2016年 5月17日(火)00時38分8秒
返信・引用
  拓殖大学とのオープン戦。
Aチーム戦終了後、拓大のテントで遠藤監督の訓示を聞いていました。
「ラグビーはケンカや!お前らは弱い者イジメが出来てへん。後半の入りで3つ取って何で叩き潰さんかった?
    専修は弱っとった。あそこでこんなもんか、と気持ち抜いとったやろ?それを見透かされ逆にやられる羽目になりよって。1部はこんなもやない。具が戻ってきても今のままじゃ同じじゃよ。来年は専修と2部でやる事なる。とにかく練習や!」この厳しさ、ハンパじゃないな、と思いました。
 

/296