teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 春季大会 日本体育大学

 投稿者:SO1X29  投稿日:2016年 5月 2日(月)13時09分57秒
返信・引用 編集済
  管理人さん
ありがとうございます。本年も宜しくお願いします。
昨日は最後まで自分で勝負すればトライ出来そうなところでパスしてしまったプレーが3-4回ありました。まあ春先の初戦ですから。声は十分過ぎる程出てましたね。田辺がラインアウト時に声の出しすぎでレフリーに注意されたのは少し笑ってしまいましたがいい傾向です。照準は関東と日大戦だと思っています。
5/3も摂南大学A B戦と5/4の國學院B C戦(両方とも行けませんが)もあるからなのか一部主力を温存していたと思うのと現段階では色々な選手を試す為、ABともかなり柔軟に入れ替えるかと思います。実際、南都や松永、中島、工藤らを温存してましたので5/3のメンバーかリザーブに入るのではと勝手に思っています。(もしくは怪我?)春季大会とはいえ、関東には是非勝って欲しいものです。
頑張れ専修ラグビー部!
 
 

Re: 春季大会 日本体育大学

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月 2日(月)12時39分19秒
返信・引用
  > No.5630[元記事へ]

日体大戦に出場したBチームのなかで楽しみな選手がたくさんいました。
前出の片岡選手をはじめ、スクラムで頑張っていた束田涼太選手。
ラインアウトのキャッチで抜群の安定感があった山極大貴選手。
一年間の経験でスキルと安定感が増した高橋昂平選手と石原武選手。
持ち前の体幹の強さを生かしキレのある走りを見せる澤田歩武選手と木元慎也選手。
この二人はけして大きくない身体ながら強いコンタクトと簡単に倒れない選手です。
先日の松戸倶楽部に入り活躍した佐藤悠選手も素早い球出しや瞬発力のあるサイド突破で
存在感を見せていました。昨年から今年の間に一番進化した選手ではないかと思います。
この他にも昨日出場した選手や出なかった選手を含め、一二年生に有望な選手が多く
春シーズンにどんなプレーを見せてくれるか楽しみです。
夏合宿までにどこまで成長しレギュラー争いに加わるか興味津々です。
少なくとも選手層が厚くなってきたことは間違いありません。
 

Re: 春季大会 日本体育大学

 投稿者:緑の旋風  投稿日:2016年 5月 2日(月)09時38分21秒
返信・引用
  管理人さんへのお返事です。

管理人さん、いつも詳しい結果報告ありがとうございます。
私の感想もほぼ同じです。選手は久々の部外試合で舞い上がって気負いすぎでした。
まあ前半はミス連発で見ている方がイライラする試合でした。
個々にはいいプレーもありましたがチームとして機能していない感じがします。
前半は日体大の方がチームプレーが良かったと思います。
次の立大戦は課題を修正して素晴らしいラグビーを期待しています。
 

春季大会 日本体育大学

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月 1日(日)23時04分41秒
返信・引用
       [前半]     [後半]     [合計]
専修大学  17(3T1G)   33(5T4G)   50
日本体育大 15(2T1G1PG)  12(2T1G)   27

①児玉滉貴3 ②中野勝太3 ③古屋篤史4 ④殿元政仁2 ⑤西村龍馬3
⑥吉國貴一3 ⑦松土治樹3 ⑧徳田隆之介3 ⑨古川浩太郎4 ⑩小田生樹3
⑪夏井勇大1 ⑫光吉謙太郎2 ⑬水野佑亮3 ⑭池田大芽3 ⑮田辺雅文4
(リザーブ)梶原瑛3、見學啓樹4、束田涼太2、種田宙至3、坂本洋道2
      高橋昂平2、木元慎也2、上田龍之介4

専修大学は試合開始から気合いが空回りしたのかミスが多く流れを掴めず。
逆に日体大の有効なキックと前に出るプレッシャーに受け身になってしまった。
しかし後半に入りテンポの速いアタックを展開し始めてからは専修大ペーストなり
一気に勝負を決めた。
実力の差はあると感じたが、前半はミスなどでチャンスを潰し互角の展開になる。
後半は実力通りのプレーができただけに、前半の入りなど修正してほしい。
新人の夏井勇大選手が出場しましたが、スピードとキレのある走りを見せ人に
強い所も見せてくれました。今後の活躍に大きな期待ができ楽しみな選手です。
④殿元政仁選手も密集の中を力強い走りで度々ゲインし元気なところを見せて
いました。初戦ということで巧くできなかったことも多かったと思いますが
徐々に精度を高めてほしいと感じました。
昨年と比べ接点の強さとモールが多少改善されていましたが、この2点の進化
には大きな期待をしたいと思います。これらが解消できないと、目標である
「2部を圧倒して勝利する」を実行することはできません。
夏合宿が終わるまでに解消してくれると信じています。


     [前半]     [後半]     [合計]
専修大B  26(4T3G)   26(4T3G)   52
日体大B  41(7T2G)   24(4T2G)   65

①梶原瑛3 ②見學啓樹4 ③束田涼太2 ④種田宙至3 ⑤山極大貴1
⑥坂本洋道2 ⑦佐藤匠1 ⑧志賀亮太1 ⑨高橋昂平2 ⑩石原武2
⑪上田龍之介4 ⑫澤田歩武2 ⑬木元慎也2 ⑭黒川ラフィ4 ⑮片岡領1
(リザーブ)平井壯明4、宮本詩音1、辻元亮4、小南周平3、仁科瑞規3
      佐藤悠3、奥田一哉4、礒部恵介2、石井政充1

日体大FWの縦への突破に受け身になり大苦戦。一二年生が多かったせいか
ゲーム中の修正もままならず敗戦となった。
そんな中で⑮片岡領選手がゴールキックからアタックまで大活躍。
これから体幹が強くなればAチームのFBも夢ではありません。筋肉を増やし
進化した姿を公式戦までに見てみたいです。
 

日体大戦

 投稿者:aki  投稿日:2016年 5月 1日(日)22時12分42秒
返信・引用
  B戦はノーガードのトライ合戦でディフェンスは
どうなっているのか?という内容でした。
Aチームもキックチャージやミスからの失点、
ペナルティやプレースキックの精度、アタック時に
突破したプレーヤーに対するサポートプレーヤーの
集散の遅さでのターンオーバーやペナルティ、
後半の中盤までの内容では関東学院大・日大・拓大や
2部上位校との対戦を想定すると大敗を喫してたのでは?
という不安を感じざるを得ませんでした。
まだ今期実質初戦ということで課題を見つけて、
それを修正しながら夏・秋へ向けて成長していって
くれることを期待します。
終盤は完全に足の止まった日体大ディフェンスを
横目にたて続けのトライで突き放しほぼダブルスコア。
これからの戦いで昨年より成長した部分を見せて欲しい
ところです。
昨年は春に優勝し秋に入替戦敗退と、春の
成績はあてにならない部分が多いと実感しました。
秋の本番で力を出せるよう全てをブラッシュアップお願いします。。
 

日体大戦

 投稿者:小田原本町  投稿日:2016年 5月 1日(日)16時29分8秒
返信・引用
  A, 50-27で勝ち、B, 52-65で負け。

管理人様の解説を今期も楽しみに待っております、すみませんがよろしくお願いいたします。

頑張れ専修ラグビー部。
 

Re: 春季大会 日本体育大学

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月 1日(日)00時06分22秒
返信・引用
  > No.5626[元記事へ]

緑の旋風さんへのお返事です。

こちらこそお会いすることを楽しみにしています。
村田亙監督がリクルートした選手が部員全員となる今季!
有望な新人の活躍や上級生の成長など楽しみなシーズンとなります。
まだセブンズとOP戦1試合だけの観戦ですが、積極的にラグビーに
取り組む選手の姿から今季の「予感」がヒシヒシと感じられます。
昨年の悔しさを必ず晴らしてくれると信じています。
 

Re: 春季大会 日本体育大学

 投稿者:緑の旋風  投稿日:2016年 4月30日(土)12時35分42秒
返信・引用
  管理人さんへのお返事です。

> いよいよ2016年春季シーズンが始まります。
> まずは、春季大会 日本体育大学戦が5月1日に
> 日体大グランドで行われます。
> 春季大会は12時開始
> OP戦Bチームが13時45分のキックオフです。
> セブンズの流れをどう生かしていけるか
> 楽しみなゲームとなります。
> なお、日体大グランドは観戦者用の駐車場が
> 無いので、田園都市線・青葉台駅よりバスで
> 行かれるのが良いと思います。
> コインパーキングも近場にはありません。

管理人さん、お久しぶりです。明日、お会いできるのを楽しみしています。
明日のメンバーはまだ公式ホームページで発表されていないですが、FWはある程度
予測できるのですが、BKは検討がつきません。どんな新戦力が出てくるのかワクワク
します。明日の横浜青葉台の天気は快晴で気温24度南風4m降水量0と絶好の天気
です。新スタイルの専大ラグビーを期待したいですね。
 

春季大会 日本体育大学

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月29日(金)16時47分14秒
返信・引用
  いよいよ2016年春季シーズンが始まります。
まずは、春季大会 日本体育大学戦が5月1日に
日体大グランドで行われます。
春季大会は12時開始
OP戦Bチームが13時45分のキックオフです。
セブンズの流れをどう生かしていけるか
楽しみなゲームとなります。
なお、日体大グランドは観戦者用の駐車場が
無いので、田園都市線・青葉台駅よりバスで
行かれるのが良いと思います。
コインパーキングも近場にはありません。
 

オープン戦 松戸倶楽部

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月23日(土)17時25分58秒
返信・引用
       [前半]     [後半]     [合計]
専修大C  14(2T2G)   40(6T5G)   54
松戸倶楽部 21(3T3G)    5(1T)    26

①網谷龍太2 ②中谷駿2 ③辻元亮4 ④小野悠太2 ⑤山極大貴1
⑥佐藤匠1 ⑦小南周平3 ⑧志賀亮太1 ⑨小田剣1 ⑩光吉謙太郎2
⑪阿久津知寿1 ⑫礒部恵介2 ⑬澤田歩武2 ⑭黒川ラフィ4 ⑮前田勇気4
(リザーブ)児玉滉貴3、宮本詩音1、束田涼太2、石井政充1、関原駿平1
片岡領1、上田龍之介、水野佑亮3、小川将永1、山崎友揮1、野口裕登1
田邊和希1、福田泰史3、仁科瑞規3、夏井勇大1

松戸倶楽部には前半からSH佐藤悠3、後半からは梶原瑛3や高橋昂平2などが
加わり出場しました。
今年の1年生は皆身体が大きくパワフルで、今日も活躍した選手が多くいました。
FWでは小川将永選手、田邊和希選手、佐藤匠選手、志賀龍太選手、石井政充選手
らが身体の強さを生かしたプレーでパワフルな前進を見せました。
BKでは関原駿平選手、阿久津知寿選手、夏井勇大選手、片岡領選手が素晴らしい
動きで潜在能力の高さを証明しました。
これらの選手が夏合宿までにどこまで進化するか、レギュラー争いに加わるか
本当に楽しみなシーズンになると感じました。
  
 

/293