teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ジュニア選手権 青山学院大 結果」

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 9月14日(日)22時57分57秒
返信・引用
       [前半]     [後半]     [合計]
専修大Jr  15(3T)    21(3T3G)   36
青学大Jr   7(1T1G)   22(4T1G)   29

①梶原瑛1、②山田樹4、③古屋篤史2、④申永太4、⑤南都陸央2
⑥大栗松長3、⑦徳田隆之介1、⑧種田宙至1、⑨吉川広竜4、⑩小田生樹1
⑪上田龍之介2、⑫吉田泰貴3、⑬倉島渉1、⑭松永勇基2、⑮野田高陽3
(リザーブ)兒玉滉貴1、吉田竹寛4、斎藤大輔3、笹山大3、田辺雅文2
      松縄壱軌3、中嶋貴史4、吉國貴一1

キックオフからディフェンスが機能し、ゴール前でのピンチにも執拗なタックルで
切り抜けた。前戦の拓殖大戦よりも明らかに進化しているように見えた。
このディフェンスから11分にモールーラックで⑦徳田選手がトライ、23分には⑮野田
選手のトライ、26分には左ライン際を⑬倉島選手から⑪上田選手にパスが渡りトライ。
3連続トライで主導権をとり前半終了。
後半はトライの取り合いとなったが、26分と30分のトライで36-17となり、気持ちが
緩んだか終了間際に取られた2本のトライが残念だった。この点以外は良いラグビー
が出来ていたと思います。残りゲームを連勝し拓殖大にリベンジしましょう!!


専修大C 14-22 青学大C (40分×1本)

①兒玉滉貴1、②福田泰史1、③辻元亮2、④前川和綺3、⑤草野隆宏4
⑥赤羽大地1、⑦浅利拳史郎3、⑧石郷岡大地2、⑨佐藤悠1、⑩竹内敬祐2
⑪奥田一哉2、⑫高埜秀之1、⑬中嶋貴史4、⑭松縄壱軌3、⑮前田勇気2
(リザーブ)平井壯明2、吉田竹寛4、千村一斗4、小南周平1
      吉川広竜4、中村啓人4、松岡遼太1 
 

明日14日 ジュニア選手権 青山学院大戦

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 9月13日(土)22時58分3秒
返信・引用
  ジュニア選手権カテゴリー3の第二戦が専大伊勢原グランドで青山学院大学と行われます。

 専修大学Jr VS 青山学院大学Jr  14:00 専大伊勢原グランド
 専修大学C VS 青山学院大学C  15:40 専大伊勢原グランド
 

秋季オープン戦 東海大学

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 9月10日(水)21時06分2秒
返信・引用
      [前半]     [後半]     [合計]
専修大A  5(1T)    19(3T2G)   24
東海大B 17(3T1G)   12(2T1G)   29

①小俣勇也3、②見學啓樹2、③門真平3、④杉原壮一郎3、⑤西村龍馬1
⑥棚谷慎太郎4、⑦小林大輔4、⑧新本亘4、⑨古川浩太郎2、⑩北田光司4
⑪栗本昌俊4、⑫太田涼介3、⑬山崎翔2、⑭池田大芽1、⑮棚橋宗一郎4
(リザーブ)梶原瑛1、吉國貴一1、古屋篤史2、南都陸央2、田辺雅文2
      小田生樹1、吉田泰貴3、徳田隆之介1、野田高陽3

序盤から専修大の動きが今ひとつで、東海大の強い当たりもあり自陣での攻防が
続く。先制を許した後に⑧新本がキックしたボールを⑬山崎がキャッチしトライ
したアタックは良かったが前半の得点はこれだけ。専修大はミスと反則で流れに
乗れずストレスの溜まる内容だった。東海大もミスが多く、この点差で収まった。
後半に入りリザーブメンバーが次々に入ってからゲームの流れが変わり始め動き
も良くなってきました。10分にラインアウトからモールで②見學が飛び込みトラ
イ。31分には早い球出しから巧く繋ぎ吉田がトライ。33分には⑭池田の好走で
トライを奪った。ゲーム全体を見ても不用意なキックやミスから一気に攻められ
トライを献上する場面が目立った。そして接点での強さに差があり、東海大の
アタックには止められない場面が多かったです。春先からの課題だったスクラムは
何とか耐えていましたが、モールには課題が残りました。


    [前半]     [後半]     [合計]
専修大C 14(2T2G)    5(1T)    19
東海大C 24(4T2G)   33(5T4G)   57

①兒玉滉貴1、②福田泰史1、③辻元亮2、④前川和綺3、⑤笹山大3
⑥中村啓人4、⑦浅利拳史郎3、⑧石郷岡大地2、⑨吉川広竜4、⑩竹内敬祐2
⑪上田龍之介2、⑫高埜秀之1、⑬倉島渉1、⑭松縄壱軌3、⑮松永勇基2
(リザーブ)松岡遼太1、斎藤大輔3、草野隆宏4、佐藤悠1、中嶋貴史4
      小南周平1、申永太4、赤羽大地1、吉田竹寛4

前半12分に自陣ゴール近くから繋ぎ⑬倉島がトライを奪い先制したが、東海大の
激しい当たりに苦戦しディフェンスが機能しなかった。
特に前半の33分からハーフタイムをはさみ後半の20分まで7連続トライを奪われ
た場面はショックでした。ほとんどタックルに入れていない状態でのトライが
何本もありました。
Aチームもそうですが、相手の激しい当たりに対抗する当たりの強さと確実な
フォローを身につけないと上位チームとは戦えません。
今後の調整と進化に期待します。 
 

Re: 激励

 投稿者:E01体育会他部  投稿日:2014年 9月10日(水)18時51分51秒
返信・引用
  緑の旋風さんへのお返事です。

ゲームの概要教えて頂き、ありがとうございました。

やはり気を揉むゲームだったのですね(-.-;)

今日は夜勤明け東海グランド行ってきました。Aチームの後半20分何とか観戦できましたが、モールで押し切れずトライできない場面や敵陣深目からBK展開の場面など見てすっきりしないモヤモヤした気分になりました。どうもハマらない攻撃に、もどかしくて切ない微妙な感覚を感じさせて頂きました(ToT)

頑張ってほしいなぁ専大ラグビー部(ToT)

 

Re: 激励

 投稿者:緑の旋風  投稿日:2014年 9月 8日(月)09時41分56秒
返信・引用
  E01体育会他部さんへのお返事です。

> 本日は仕事の為、残念ながら秋葉台観戦してません。拓大ジュニア戦は今季の専大ラグビーの動向を知る上でも、非常に関心を持っていたゲームでした。
> スタメンを見て、Aチームのトライゲッター栗本選手を起用しているところを見ると、村田監督の胸中は何が何でも大差で拓大を突き放して勝ちきりたかったのではないのでしょうか?
> 2部リーグ戦において今季何としてでも入替戦に進むには拓大、関東学院大に勝たないと達することができません。その状況の中で専大のスタイル“フランスラグビー”をBチームも確実に踏襲して強い勝ち方をすることに意義があったと私は思っていました。
> 観戦してないので試合内容をわかっていないのですが、1点差でも勝ちは勝ちであるし、負けたら1点差であろうと大差であろうと負けは負けです。専大ラグビーファンとして非常に歯がゆい気持ちです。ゲームを観戦された方々の心中お察し致します。
> 栗本選手を起用する以上、FW戦を踏ん張って前に行ってBK展開することがゲームプランだと考えますが、それができなかったから?あるいはそれをしなかった?から負けたと判断するとBチームだけにかかわるだけでなく、専大全体としての脆さがあると考えられます。
> チーム全体として危機意識を持って修正してゲームプランを徹底して、自分達の形を作りきった上で、相手を圧倒して勝ち続けてほしいと願ってます。
> 壁を突き抜けてほしいです。専大に染み付いてしまった10数年の壁を…。

E01体育会他部さんの言われている通り村田監督はジュニアとはいえ拓大に
勝ちたかったと思います。今年はフランスラグビーで行くと言っていたので
栗本選手を使っても勝ちたいと意気込みが伝わってきます。
試合は敵陣で70%、ボール支配率60%でした。ではなぜ負けたのかということ
ですが、前半は敵陣に入ってもFWの攻撃に固執するばかりでBKにあまり廻さなかった。
後半はやっとBKに廻して勝負しましたが肝心なところでミス連発してチャンス
を潰してしまいました。見ている方はため息ばかりのでる歯がゆい試合でした。
でも、確実に強くなっていると思います。次の青山学院戦に期待します。

 

激励

 投稿者:E01体育会他部  投稿日:2014年 9月 8日(月)02時39分24秒
返信・引用
  本日は仕事の為、残念ながら秋葉台観戦してません。拓大ジュニア戦は今季の専大ラグビーの動向を知る上でも、非常に関心を持っていたゲームでした。
スタメンを見て、Aチームのトライゲッター栗本選手を起用しているところを見ると、村田監督の胸中は何が何でも大差で拓大を突き放して勝ちきりたかったのではないのでしょうか?
2部リーグ戦において今季何としてでも入替戦に進むには拓大、関東学院大に勝たないと達することができません。その状況の中で専大のスタイル“フランスラグビー”をBチームも確実に踏襲して強い勝ち方をすることに意義があったと私は思っていました。
観戦してないので試合内容をわかっていないのですが、1点差でも勝ちは勝ちであるし、負けたら1点差であろうと大差であろうと負けは負けです。専大ラグビーファンとして非常に歯がゆい気持ちです。ゲームを観戦された方々の心中お察し致します。
栗本選手を起用する以上、FW戦を踏ん張って前に行ってBK展開することがゲームプランだと考えますが、それができなかったから?あるいはそれをしなかった?から負けたと判断するとBチームだけにかかわるだけでなく、専大全体としての脆さがあると考えられます。
チーム全体として危機意識を持って修正してゲームプランを徹底して、自分達の形を作りきった上で、相手を圧倒して勝ち続けてほしいと願ってます。
壁を突き抜けてほしいです。専大に染み付いてしまった10数年の壁を…。

 

ジュニア選手権 拓殖大学

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 9月 7日(日)22時53分39秒
返信・引用
      [前半]     [後半]     [合計]
専修大Jr  8(1T1PG)   10(1T1G1PG)  18
拓殖大Jr 14(2T2G)    5(1T)    19

①梶原瑛1、②山田樹4、③古屋篤史2、④笹山大3、⑤西村龍馬1
⑥大栗松長3、⑦徳田隆之介1、⑧種田宙至1、⑨田辺雅文2、⑩小田生樹1
⑪栗本昌俊4、⑫太田涼介3、⑬中嶋貴史4、⑭松永勇基2、⑮野田高陽3
(リザーブ)兒玉滉貴1、吉國貴一1、辻元亮2、南都陸央2、竹内敬祐2
      前田勇気2、倉島渉1、政本京助4

キックオフからディフェンスの隙を突かれ先制トライを許したが、⑮野田のPGと
⑨田辺の左隅トライで逆転。しかし不用意なキックから反撃を受けトライを奪われ
前半はS8-14Tでハーフタイム。
後半に入り先制トライを欲しかったが、モールで押し込まれS8-19Tと引き離
なされてしまう。⑮野田のPGと⑰吉國のトライで追い上げるもノーサイド。
ゲームは十分に勝てた内容だっただけに、FWに固執し反則やミスでチャンスを潰
してしまったアタックに悔いが残った。もう少しBKを使ったアタックを試みれば
かなり違った内容になったと思います。
次戦の青山学院大戦までに修正を期待します。 
 

初戦

 投稿者:小田原本町  投稿日:2014年 9月 7日(日)21時09分5秒
返信・引用 編集済
  うーん、そうでしたか、悔しいねぇ!あとの試合にこの悔しさを全部ぶつけてくれ、拓殖大は去年、カテゴリー3の2位のチーム、その相手に1点差、確かに我等が専修ラグビーは強くなっている、期待が持てます、突っ走れ専修ラグビー!専大ファンさん、ありがとうございました。  

なんとも言えない試合

 投稿者:専大ファン  投稿日:2014年 9月 7日(日)20時11分53秒
返信・引用
  対 拓大戦 18 対 19で負けました。
圧倒的に専大有利の試合でしたが、詰めが甘く勝てず。
次回青山戦は今日の反省をいかし勝利して下さい。また応援に行きます。

http

 

オープン戦

 投稿者:小田原本町  投稿日:2014年 9月 4日(木)07時24分45秒
返信・引用
  9月10日、東海大と専修A、Cのオープン戦が組まれました、ラグビー部HPより、
 

/195