teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:頑張れ専大15  投稿日:2014年11月23日(日)18時32分53秒
返信・引用
  頑張れ専修フィフティーン
熊谷でリベンジを待ってるぜ
今までのの屈辱を倍返しダァーッ。
今こそ見せろ専大魂。いつやるの今でしょ。
オール専修。熊谷に集え。熱い応援で選手を後押ししよう。待ってるぜ熊谷
 

入れ替え戦

 投稿者:緑の旋風  投稿日:2014年11月23日(日)17時00分57秒
返信・引用
  昨日の国学院大は今季最高の苦戦でした。勝てば入れ替え戦出場をほぼ手にできるチームと今季最後のゲームで最高のプレーをしたいチームの違いが出たゲームと言えるでしょう。
でも、ゲーム終盤に専修大の底力を見せたゲームでした。
私は、この苦戦がよい薬になっていい形で入れ替え戦に臨めるような気がします。
相手チームがどこであれ12月13日の入れ替え戦はいいゲームになりそうで楽しみです。
 

Re: (無題)

 投稿者:1986法学部卒  投稿日:2014年11月23日(日)11時36分34秒
返信・引用
  専修王国さんへのお返事です。
私が一年の時にリーグ戦優勝、当時は野球も優勝したから専修大学は強いと思ってました。三年の時は交流戦で日体を破り選手権行きました。1989年の明治との交流戦行きました。最後に同点に追い付いて鳥肌でしたね。

昨日もひやひやしたけれど、勝ちは勝ち。明治時代からある伝統の誇りを持って。
 

(無題)

 投稿者:専修王国  投稿日:2014年11月23日(日)09時46分12秒
返信・引用
  専修大学卒業生が、これだけ専修大学ラクビー部に関心を示すことができるのも村田監督はじめ選手、スタッフのお陰ですね。言うまでもなく背水の陣で並々ならぬ意気込みが感じられます。野球部が1部昇格した勢い、風をつかんでください。
 

対 国学院大戦詳細

 投稿者:ファン  投稿日:2014年11月23日(日)09時08分50秒
返信・引用
  OGの松本さんが詳細な記事を掲載していただいています。
http://rugby-rp.com/news.asp?idx=106907&code_s=1002
 

対 国学院大戦 ブログ

 投稿者:ファン  投稿日:2014年11月23日(日)08時50分18秒
返信・引用
  http://otomo-rug.jugem.jp/?eid=1379
上記に昨日の対 国学院大戦の詳細が記載されています。
 

(無題)

 投稿者:J53  投稿日:2014年11月23日(日)08時07分7秒
返信・引用
  今朝の朝刊に、関西Aリーグで摂南大学が、大阪体育大学に28ー22で勝っています。(摂南1勝5敗、大体大6敗で、どちらも今シーズンは不調のようだが)
夏のオープン戦で、専修は摂南にA.Bとも勝ってました。
単純に考えると、専修も関西リーグならAリーグだと言う事です。(大体大なんかは、最近は毎年大学選手権にも出てきてますし)
専修、滅多にない1部昇格のチャンスです。
確実にものにして下さい。
 

Re: 二敗で並んだら

 投稿者:SO1X29  投稿日:2014年11月23日(日)07時36分32秒
返信・引用
  九十路さんへのお返事です。

> どうなるのです?今日は酷い。http://news.goo.ne.jp/article/kanagawa/region/kanagawa-30176769.html

この記事会場に行く途中で見ました。ちなみに2敗で並んだ場合でも入替戦には行けました。勝点で並んだ場合、当該校同士の勝利が優先される。ですが本当に勝ってくれて良かったです。ようやっとでも勝つと負けるのとでは次の流れ的にも大違いです。國學院は成功は惜しかったですがキックパスなど攻撃の工夫が専修より上をいってました。拓大の留学生もサイド側までボールが回った場合はゴロのキックをして自分もしくは他のメンバーでラン&キャッチするなど個の力とアイデアがFWのチーム内連携が徹底された攻めで溢れてました。
12/12まで時間があるので11/30のジュニアの日大戦のメンバーにAチームから何人投入するか、どういう場合はどういう攻めをするかある程度何パターンかどうするかなど監督やコーチ陣の采配は見物ですね。あっ、あと3年生の杉原君を昨日会場で目撃しました。左足の膝にギブスをしてまして松葉杖を1本ついてました。あれは私も10年位前に再建手術しましたので想像ではあのギブスは前十字靭帯辺りですかね。ゆっくり治して来年、雄姿を見せて欲しいです。めげずに頑張ってください。
 

2部リーグ戦 國學院大学

 投稿者:管理人  投稿日:2014年11月23日(日)00時21分48秒
返信・引用
      [前半]     [後半]     [合計]
専修大  15(2T1G1PG)  19(3T2G)   34
國學大  14(2T2G)   17(2T2G1PG)  31

①小俣勇也3、②見學啓樹2、③門真平3、④西村龍馬1、⑤新本亘4
⑥棚谷慎太朗4、⑦松土治樹1、⑧徳田隆之介1、⑨古川浩太郎2、⑩北田光司4
⑪上田龍之介2、⑫山崎翔2、⑬太田涼介3、⑭池田大芽1、⑮棚橋宗一郎4
(リザーブ)山田樹4、古屋篤史2、梶原瑛1、南都陸央2、田辺雅文2
      小田生樹1、吉田泰貴3、政本京助4

今季調子の上がらない國學院大を相手にどう戦うか、入替戦への準備を含めチームの
調整状態を計るゲームとして注目された。
前半はハイパントの処理ミスとキックへのチャージをトライに結びつけられ苦しい
展開となった。
1点リードで入った後半もいきなりPGとモールでトライを奪われ國學院大ペースと
なる。⑪上田の素晴らしい走りでトライを奪い4点差に迫りペースをつかむと思われ
たが後半28分にタックルの甘さをつかれトライされ11点差にリードが拡がる。
國學院大の選手が数名負傷し時計が度々止まった後半40分にFWがラックの連続攻
撃からトライ・ゴールで4点差。
時間がほとんど無くなった49分にもFWの猛アタックで⑱梶原が逆転のトライを奪
いノーサイドとなった。
今日は序盤のミスから奪われた2本のトライの影響が大きく、常に追いかける展開に
なり実力が発揮出来なかったと思われる。ラインアウトの出来も悪くアタックに大き
く影響した。今季に課題となっている接点での強さも改善されず、ターンオーバーも
ほとんど出来なかった。ラッキーなトライでペースをつかみつつある國學大に対して
専修大は受け身になりタックルも甘くなってほとんど敗戦と思われる所まで追い込ま
れた。リザーブの選手に入れ替えたロスタイムに辛くも2トライを奪い逆転した。
今日も1.2年生の活躍が目立ちました。巧みなボディバランスからの力感溢れる突
破やディフェンスでレギュラーを奪った⑧徳田選手、今季初スタメンで素晴らしい走
りでトライを奪った⑪上田選手、堂々と定位置を確保している④西村選手・⑦松土選
手・⑭池田選手。残り時間の無い中でリザーブから出場し素晴らしい動きを見せた
小田選手と田辺選手。激しいFW戦で逆転のトライに貢献した梶原選手と古屋選手。
このように新戦力が確実に伸びて底上げがされていることは間違いありません。
底上げされた戦力をどうゲームに生かすか指導陣の手綱捌きにかかっています。
これから、接点での強さや集散とリアクションの早さ、前に出る厳しいタックルなど
がどこまで精度あげられるかが、入替戦への課題となっている。このようなプレーが
当たり前に出来るようになれば一段も二段も「進化」したチームとなれる。
専修大の実力を上げるためにも頑張ってもらいたい。 
 

観戦してきました。

 投稿者:LH53  投稿日:2014年11月22日(土)22時39分30秒
返信・引用
  前半の国学院の2トライは、1本目がノッコンから、2本目が、キックのチャージからと
ミスがらみでした。それでも、前半は1点リードで折り返しました。

後半になると、立て続けに、ペナルティーゴールとトライゴールを決められ、1本トライを
返すも、11点差になり、残り時間からすると応援席に、ちょっと怪しい空気が漂い始め
ました(選手の皆さんは違っていたかもしれませんが すみません)。

結果は見事な逆転でした。ノーサイドの瞬間は、周りにいらっしゃった、見ず知らずの大先輩方と握手の嵐でした。

また、最後まで、時間稼ぎなどせずに、攻めの姿勢を取り続けた国学院の選手にも拍手です。
国学院の選手は、何人も痛んでいました。大分、体幹が鍛えられてきたのではないでしょうか。
不用意な反則も少なく、規律も守られていたと思います。

試合後、棚橋キャプテンが「今のままでは上には上がれない、更なるレベルアップが必要」と
いう趣旨の話をしていました。

勝っておごらず、今日の課題を克服して、入れ替え戦での勝利をつかみましょう。
 

/212