teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


目標の明確化

 投稿者:若葉台  投稿日:2016年 9月26日(月)16時17分13秒
返信・引用
  白鴎大学戦の評価を読んで思うのは、指導することの難しさである。点差だけでは把握しきれない選手の成長をどう評価するか。首脳陣の悩みは深いことだろう。第2節の結果を整理すると、山梨学院対朝鮮は前半49対7、後半21対17で「山梨学院。東洋対國學院は36対0、22対5で東洋。立正対国士舘は17対0、10対31。3位の立正が5位国士舘に星を落としている。天候やグラウンドなど実力を発揮しきれない要素はあるだろうが、チームとして学生を統率することの難しさを痛感させられる結果となった。指導者が示す目標を選手一人ひとりがどう消化し表現するかは、やらせてみなければ分からない要素が多いということなのだろう。勝負事は負けて憶える(目を覚ます)ことも多いのであり、せっかくのチャンスをできるだけ多くの選手に与えたいところではあるが、A・B合わせても11試合しか組めない現状では、信賞必罰という手段も検討する必要があるだろう。目標を明確に示し、その達成に向けた自分の役割をはっきり表現すること。評価軸を示したうえで目標を明確化し、選手全員に納得させることが強化につながると考える。  
 

2部リーグ戦 白鷗大学

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 9月24日(土)23時55分45秒
返信・引用
      [前半]     [後半]     [合計]
専修大  43(7T4G)   33(5T4G)   76
白鷗大   0        5(1T)     5

①梶原瑛3 ②中野勝太3 ③古屋篤史4 ④並木淳2 ⑤西村龍馬3
⑥吉國貴一3 ⑦松土治樹3 ⑧石川恵韻2 ⑨古川浩太郎4 ⑩石原武2
⑪夏井勇大1 ⑫水野佑亮3 ⑬木元慎也2 ⑭池田大芽3 ⑮松浦祐太2
(リザーブ)兒玉滉貴3、見學啓樹4、石田楽人1、山極大貴1
      坂本洋道2、高橋昂平2、小田生樹3、上田龍之介4

試合開始28秒で先制トライを奪うなど、FWとBKの実力差は歴然としていたが
専修大は何か余裕があるような今ひとつキレの無い試合展開となる。
それでも前半は7トライを挙げ完封した。
前戦の朝鮮大学校とのゲームで後半に圧倒した実績があるので期待したが、選手交代を
したスクラムの不安定さが出て来た当たりから流れが変わりディフェンスの時間が増える。
ディフェンスに回ると一転して押されはじめ、フェーズを重ねられ甘くなったタックルの
隙を突かれ失点する。たかが1トライというかも知れないが充分に止められる相手アタック
にディフェンスの穴をつかれた内容が悪かった。
皆さんも書かれているように、この程度のディフェンスでは今後に対戦する上位校との
戦いに大きな不安が残りました。
ゲーム終了後に指導陣から重苦しい雰囲気で注意を受けていました。
専修大はなかなか出来ませんが、拓殖大や関東学院のように相手の嫌がる攻撃などを
執拗に繰り返し、トライを取れるときは徹底的に攻め続け相手の戦意をなくす
こんなゲームが出来るよう期待したいです。
選手自身が一番感じていると思うので、今後の修正をしっかりやってもらいたい。
次戦からは厳しい対戦が続きます。今まで以上に気合いを入れ戦ってほしい。
 

訂正

 投稿者:鳩山よりエール  投稿日:2016年 9月24日(土)18時41分10秒
返信・引用
  ミスをメスと打ち間違え失礼しました。
白鷗大戦の大事なところでのパスミス、ノックオン、スローフォワードが多かったように思いま
す。雨の影響もあったとは思いますが。前半、押していたスクラムもメンバー交代の後半はすっ
かり鳴りを潜め、むしろFWやBKの個人技でトライを奪った面は否めません。
デフェンスの堅い上位チームとの対戦では組織力が試されます。今後の専大ラグビーの調整力に
期待してます。
 

勝ちには勝ったが・・・

 投稿者:鳩山よりエール  投稿日:2016年 9月24日(土)18時19分6秒
返信・引用
  対白鷗大戦、大差で勝ちには勝ちましたがストレスの残る試合でした。前半を終え43対0、
後半一気に突き放し100点差をつけてほしいところでしたが、後半早々いやらずもがなの
トライを許し、受けに回った時のデフェンスの弱さを露呈。後半、大幅にメンバーの入れ替
えをしてリズムが狂った面はあったもののメスも目立ち今一つ厳しさが足りなかったのでは
と感じたのは私だけではないと思います。次戦の大きなヤマとなるであろう東洋大戦には
不安を残すゲームでした。当然、首脳陣もそのあたりのことは心得ているはずですが、修正
を図り上位チームとの対戦に備えてほしいと願います。
締まった躍動感のある専大ラグビーの開花を応援してます。
 

全勝!1部復帰!

 投稿者:専大ファン  投稿日:2016年 9月21日(水)13時35分50秒
返信・引用
  リーグ戦幸先の良いスタート!この勢いのまま入れ換え戦へ向かって突き進んで下さい!
そして1部復帰を必ず手に入れて下さい!

一戦必勝!頑張れ専修大学ラグビー部!
 

Re: 激励

 投稿者:aki  投稿日:2016年 9月20日(火)23時36分28秒
返信・引用
  > No.5816[元記事へ]

SO1X29さんへのお返事です。

 御無沙汰しております。
ご意見に同感です。但し8位相当校に76対0という結果はスコア的には及第点かと思いますが、
昨年度1部と3部という差を考えるともっと圧倒しても不思議ではなかったかと・・・・

私も入れ替え戦進出争いは熾烈を極めるのではないかと思います。
特に10月30日の東洋大学戦は今シーズンの大きなヤマ場と考えております。
これに勝利した方が入れ替え戦に大きく近づく気がします。
順当な結果で進み、もしこの一戦で星を落とした方が
昨年度上位4校の中で〝初の黒星が付く”という危険信号が灯ることに。

とにかくディフェンス&アタック共に精度を更に上げて頂き、
この心配が杞憂に終わることを祈る気持ちです。

慎重な投稿で誠に申し訳ございません。


> >
> お言葉ですが立正以外は大差になるような気がしますとは思いたいですが立正以上に東洋が危険です。少なくとも9/24の東洋-國學院の結果を前にこの発言はしない方がいいですね。
> 開幕戦はナイスゲーム(本当は100点ゲームを観たかったですが)
> 9/17の第1試合の國學院は2トライを先手したのにもったいない試合でした。後半最初の得点チャンスでショットを選択していたら。。。
> 山学も専修の次戦の白鴎相手に開幕戦は100点ゲームをしているのですよ。
> 我々専修ファンが相手を侮ると取られる発言は現段階では禁物です。
 

OBマネージヤー秋吉さん

 投稿者:小田原本町  投稿日:2016年 9月20日(火)22時44分14秒
返信・引用 編集済
  ファンさん投稿をありがとうございます。

今春の伊勢原グラウンドでのオープン戦の観戦時に当の秋吉さんから目礼をされたのですが、その時は何処かでお見受けしたことがある人だなと思ったのですが、思い出すことができなくて、、、あとで以前マネージャーだった方だと思い出した次第です。お名前も今初めてしりました。

あなたが専修大学ラグビー部のマネージャーとして4年間よく頑張っておられたと思うのは私だけではないでしょう。試合のメンバー表をよくもらいました。ありがとうございました。

秋吉さん、あの時は挨拶も返せず大変失礼をいたしました、この紙面を借りてお詫びをさせていただきます。
ますますのご活躍を祈っております。
 

Re: 激励

 投稿者:SO1X29  投稿日:2016年 9月20日(火)22時25分15秒
返信・引用 編集済
  アタック4さんへのお返事です。

>
> ただ嬉しい悲鳴として、応援のし甲斐は力が均衡し、足に力が入るような観戦が理想ですが、立正大学以外は大差での戦いになるような気がします。
> 兎に角、自負心と共に油断することなく、来年の1部復帰を想定した試合展開を繰り広げて下さい。
>
お言葉ですが立正以外は大差になるような気がしますとは思いたいですが立正以上に東洋が危険です。少なくとも9/24の東洋-國學院の結果を前にこの発言はしない方がいいですね。
開幕戦はナイスゲーム(本当は100点ゲームを観たかったですが)でした。
 9/17の第1試合の國學院は2トライを先手したのにもったいない試合でした。後半最初の得点チャンスでショットを選択していたら。。。
山学も専修の次戦の白鴎相手に開幕戦は100点ゲームをしているのですよ。
我々専修ファンが相手を侮ると取られる発言は現段階では禁物です。
 

激励

 投稿者:アタック4  投稿日:2016年 9月20日(火)20時31分28秒
返信・引用
  先日の朝鮮大学との試合は見事でした。しかし、現在の実力を考慮すれば、前半から一気呵成に攻めなければならないところ、相手を見過ぎたようです。
ここで専大ラクビーに苦言を一つ、ここ10年来にない強さを誇るチームに至りましたが、選手にその自負心が感じられないことです。改めて、選手の全員が強さの<自負心>を持つことが求められます。

現在の専大の2部での実力は、B・Cチームでも十分に戦えます。このことは学年・経験に関係なく、素質・能力・気力が充実した選手が混在し、更には、誰にも負けないとの自負心を持つ選手だ存在します。したがって、A・B・Cの競争の激化の効果を含め、試合毎に目に見えて強くなるでしょう。

ただ嬉しい悲鳴として、応援のし甲斐は力が均衡し、足に力が入るような観戦が理想ですが、立正大学以外は大差での戦いになるような気がします。
兎に角、自負心と共に油断することなく、来年の1部復帰を想定した試合展開を繰り広げて下さい。

 

OBマネージャー 秋吉さん

 投稿者:ファン  投稿日:2016年 9月20日(火)18時29分30秒
返信・引用
  http://sensupo.com/news/detail/id/4981
是非 ご一読を!
 

/312