teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


立正大戦は試金石のゲーム

 投稿者:緑の旋風  投稿日:2017年10月18日(水)22時11分1秒
返信・引用
  立正大戦は専修大に取って試金石のゲームです。
初めて負ける可能性があるチームとの対戦で緊張感もマックスだと思いますが、私は全然心配してません。何故なら去年とはラグビーの質が全然違うからです。
はっきり言って夏合宿で関西大を破り東海大Bに初めて勝った実績があるからです。
これはまず2部リーグのチームではなし得ないことです。
あと、もう一押しすると10年前に日大が不祥事で2部落ちした時に専修大が対戦し相手にされなかったゲームに似ています。それと、ジュニアも力強いラグビーをする点もあと押ししています。今週の大東大ジュニア戦も今の専修大ジュニアなら勝てると思います。
何れにしろ立正大には去年のリベンジも含めて勝たなければなりません。
 
 

若き日の躍動

 投稿者:アタック  投稿日:2017年10月18日(水)11時08分53秒
返信・引用 編集済
  題名:<若き日の躍動>
第4戦の小山田直子さん撮影のフォトを拝見しました。実にスリリングで躍動感が伝わる場面をよくとらえています。
選手の皆さんにとって、若き日の最高の記念になります。選手の気迫と気力が伝わるフォトを専修ラクビーファンの一人として楽しませて頂きました。
 

(無題)

 投稿者:専大ファン1  投稿日:2017年10月16日(月)00時45分7秒
返信・引用
  今年の専修はとにかくみなさんフィジカルが強いですね。
去年から試合を見ていますが片岡選手や郡司選手は格段にフィジカルアップしていると思います。
来年再来年1部でも通用する専大を見たいので今年おおいに期待しております。
 

公式戦 朝鮮大学校

 投稿者:管理人  投稿日:2017年10月16日(月)00時19分34秒
返信・引用
      [前半]     [後半]     [合計]
専修大  21(3T3G)   72(12T6G)   93
朝鮮大   0        0        0

①兒玉滉貴4 ②中野勝太4 ③栗山塁1 ④山極大貴2 ⑤西村龍馬4
⑥坂本洋道3 ⑦松土治樹4 ⑧徳田隆之介4 ⑨高橋昂平3 ⑩夏井大樹1
⑪夏井勇大2 ⑫水野佑亮4 ⑬光吉謙太郎3 ⑭池田大芽4 ⑮片岡領2
(リザーブ)檀野友多郎1、宮本詩音2、梶原瑛4、殿元政仁3、吉國貴一4
      中島陸斗4、澤田歩武3、郡司健吾2

前半は朝鮮大のひたむきなラグビーにミスと反則を重ね、今ひとつ波に乗れない
なかで3トライを取りリードする。本来の実力が出せないもどかしい内容になった。
後半に入ると、キックオフのボールを④山極選手のキャッチからのノーホイッスル
トライを皮切りに12トライの猛攻で圧勝した。今日はディフェンスも機能し完封する
など今季一番の内容で4連勝。
今日はFWの激しい当たりから前進しBKでアタックを仕掛けるスタイルを徹底して
プレーし、特に後半はほとんどの時間を攻め続けました。「攻撃は最大の防御」という
言葉を実戦した戦いでした。
今季、専修大が一番進化した体幹の強さと激しい当たりをFWとBKの全員が表現する
典型的なゲームとなりました。
激しい当たりからスピード溢れるアタックを連続で仕掛ける。
今季の専修大のアタック力は、ここ10数年の中でも一番の実力を持っていると思います。
また、レギュラーとリザーブの力の差も遜色ないレベルとなっています。
この流れを大事にしてプレーの精度を上げていけば、一部復帰もかなりの確立で可能と
思われます。次戦の立正大戦が今シーズンの天王山となるので、課題の修正と不屈の
闘志で戦ってほしいと期待します。 
 

次は遂に立正大戦!

 投稿者:aki  投稿日:2017年10月15日(日)20時12分9秒
返信・引用
  専修大学も立正大学も今節は共に大量得点でシャットアウト勝ち。
上げ潮ムードの両校の一戦は白熱すること必定。
楽観も悲観もせず、この2週間をワクワクして過ごしたいと思います。
勿論専修大学の勝利を信じて。
 

団結のシャットアウト

 投稿者:アタック  投稿日:2017年10月15日(日)15時03分18秒
返信・引用 編集済
  本日の朝鮮大学との試合で監督が目指すシャットアウトは見事でした。どのような対戦相手であれ、緊張感を維持し続けることは実に困難なことだと思慮致します。

変革をもたらす1、2年生と先輩の3、4年生とを融合させ、全選手の素質(特性)の開花と調和を引き出した指導者に誇りを感じます。

これは難しいと言われる、指導者と選手との信頼関係の構築により、一丸となっていることに他なりません。

次回の大東大(AとBでは力の差がある)との試合でも、油断のない徹底した力の融合(離合集散)を願います。
 

緑の旋風さんへ

 投稿者:アタック  投稿日:2017年10月15日(日)06時58分5秒
返信・引用 編集済
  緑の旋風さんの心強い前向きの意見にホットしました。たしかにおっしゃる意見は間違いないと賛同いたします。また、石田選手の感想も嬉しいお話でした。
私はラクビーには素人ですが、専修ラクビーをこよなく愛す一人です。緑の旋風さんと共に応援させて頂きます。
ありがとうございました。これからも健全な掲示板にすべく努力したいと思います。
 

Re: 来期の構想の準備

 投稿者:緑の旋風  投稿日:2017年10月14日(土)20時39分43秒
返信・引用
  アタックさんへのお返事です。

> 東海大・日大とのB・C戦の試合の選手起用法に興味があります。
> 素人の提案:A=レギュラー、準レギュラー B=レギュラー、準レギュラー C=レギュラー、準レギュラーと仮定します。
>
> Bチームの編成は勝敗ではなく、Bのレギュラー5名、準レギュラー5名とCのレギュラー5名での試合とするなどの工夫を願います。CチームはBチームの試合内容次第で臨機応変に対応。この提案は、<個人的にはB・Cチームは既に来期の構想に向けて始動しなければなりません。その準備のための布陣として下さい>。
> 明日の朝鮮大学との試合は点差より試合内容を重視願います。
>
> 尚、前回の試合で前半途中で石田選手が交代しました。怪我であれば早期の回復を願いたいものです。

面白い意見ですが東海大の時は無理なので日大との練習試合は可能ですね。
尚、石田選手はそんなに重傷でないと思います。立正大戦には出場できると思います。
今年の専修大は少々の怪我人が出てもそんなにチーム力が落ちないと思います。
全勝で入れ替え戦までつぱ走ってほしいですね。
明日の朝鮮大戦はアタックさんのおっしゃらる通り内容重視ですね。
快勝を期待します。
 

森口忠造先生

 投稿者:トップランク  投稿日:2017年10月14日(土)12時29分39秒
返信・引用
   村田監督が森口先生のお墓参り行ってくれたこととても嬉しいです。森口元理事長が在籍していたときは専修大学が様々なことで世に出ていった時代でした。いまの基礎を築いた先生でした。
村田監督ありかとう。
 

来期の構想の準備

 投稿者:アタック  投稿日:2017年10月14日(土)09時50分21秒
返信・引用 編集済
  東海大・日大とのB・C戦の試合の選手起用法に興味があります。
素人の提案:A=レギュラー、準レギュラー B=レギュラー、準レギュラー C=レギュラー、準レギュラーと仮定します。

Bチームの編成は勝敗ではなく、Bのレギュラー5名、準レギュラー5名とCのレギュラー5名での試合とするなどの工夫を願います。CチームはBチームの試合内容次第で臨機応変に対応。この提案は、<個人的にはB・Cチームは既に来期の構想に向けて始動しなければなりません。その準備のための布陣として下さい>。
明日の朝鮮大学との試合は点差より試合内容を重視願います。

尚、前回の試合で前半途中で石田選手が交代しました。怪我であれば早期の回復を願いたいものです。
 

レンタル掲示板
/352