teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


帝京大学のディフェンス

 投稿者:aki  投稿日:2018年 5月21日(月)20時58分55秒
返信・引用
  以下は日曜日の帝京大学対東海大学のラグリパの記事抜粋です。専修大学も今すぐ同等になってとは言えませんが、意識や取り組む姿勢は見習ってもらいたいところです。


東海大の1年生SOである丸山凜太朗は、天を仰いだ。

「(帝京大は)1人ひとりが強く、チームとしての考えが同じ(意思統一が取れている)。ターンオーバー後の攻め方とかで(そう感じた)。ディフェンスでも1人で飛び出してくる選手はいないし、組織で守っている感じです」

 10連覇への意識の表れか、試合後の選手からはトライラッシュ後にミスが生じた点などを反省する声が漏れた。例えば秋山主将は、「入りは皆のアタックする意識もあったのですが、そのあとに緩んでしまう時間帯があった。点を取ったことで、どこかで安心してしまう部分があったのかなと…」。もっとも岩出雅之監督は「だれないように頑張ろうと(している)ということは、だれているというわけではない」。試合を重ねるごとの進化を前向きに捉えた。

 
 

ピンチはチャンス

 投稿者:小田原本町  投稿日:2018年 5月21日(月)20時54分29秒
返信・引用
  虎視眈々とレギュラーを狙ってる選手、好機!チャンスをつかめ!  

Re: (無題)

 投稿者:A  投稿日:2018年 5月21日(月)00時28分54秒
返信・引用
  21さんへのお返事です。

東海大学も帝京大学戦は留学生や主力不在の為、60点差以上の差で大敗してました。
明治にも大差で敗れています。
専修大学に状況が似ているようで、なかなか苦戦しているようですね。

専修大学も我慢の時と言えるのでしょうか。
来週の帝京大学オープン戦、出場のチャンスを得た選手の頑張りに期待します。


> 関東もいまは1.5軍とのこと
> この時期けがなどどこもなかなか満足に組めませんね。
 

(無題)

 投稿者:21  投稿日:2018年 5月20日(日)21時43分52秒
返信・引用
  関東もいまは1.5軍とのこと
この時期けがなどどこもなかなか満足に組めませんね。
 

信頼関係

 投稿者:アタック  投稿日:2018年 5月20日(日)10時54分44秒
返信・引用 編集済
  この春の試合は総じて不甲斐ない試合が続いています。この原因は怪我人・外部要請選手の問題ではないように思われます。

今年の選手は技術・能力・素質は一流であっても、スタッフと選手との信頼関係及び、試合中の選手間のコミュニケーション不足が敗因になっているのではないでしょうか。

現在は1年~4年まで全選手が有能で力が拮抗しています。したがって、選手の能力(特性・特徴)の見極めが必要不可欠です。

上記の見極めにより、秋の本番までにスタッフと選手の信頼関係の構築選手間のコミュニケーションにて、不動のチームを作り上げてください。兎に角、今年は期待しています。

最後に、レギュラー候補の選手2~3名が控えに廻っています。これ等の選手がレギュラー入りし、怪我の選手と外部要請の選手が戻れば本来の姿となります。
 

Re: 春季大会 関東学院大学

 投稿者:緑の旋風  投稿日:2018年 5月20日(日)07時57分45秒
返信・引用
  管理人さんへのお返事です。

敗因はスクラムの劣勢と集散の遅さなどが上げられますが相手陣三度ゴール前でトライ出来なかったのも痛かったです。心配されたラインアウトはサインの工夫によりほとんどマイボールを確保してました。スクラムは試合序盤は押してましたが前半14分にLO大川選手がケガにより退場すると劣勢になりました。石田選手や山極選手などレギュラーが帰ってくれば心配ないと思います。これだけケガ人が出ればチーム力の低下は仕方ないですね。選手は今がチャンスなので頑張ってほしいですね。
 

Re: 春季大会 関東学院大学

 投稿者:aki  投稿日:2018年 5月19日(土)18時07分2秒
返信・引用
  管理人さんへのお返事です。

> 何と言ってもケガ人の復帰が待たれます。


全くの同感です。こんなに主力が怪我で脱落しているのチーム状態、ここ数年では初めてという感じがします。
早くベストメンバーのAチームが見たいです。
 

春季大会 関東学院大学

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月19日(土)17時40分49秒
返信・引用
      [前半]     [後半]     [合計]
専修大A 14(2T2G)    5(1T)    19
関学大A 22(4T1G)   26(4T3G)   48

①檀野友多郎2 ②宮本詩音3 ③栗山塁2 ④殿元政仁4 ⑤大川萌斗2
⑥坂本洋道4 ⑦佐藤匠3 ⑧志賀亮太3 ⑨鎌田康平2 ⑩石原武4
⑪夏井勇大3 ⑫井上拓海4 ⑬澤田歩武4 ⑭水野景介2 ⑮松浦祐太4
(リザーブ)網谷龍太4、米沢豪真1、束田涼太4、小野悠太4
      原健将2、野口宜裕4、夏井大樹2、岩佐尭弥1

ケガの離脱で苦しい陣容でどこまで戦えるか興味があったが、集散の悪さから
ミスや反則そしてオーバーされる展開になり苦しんだ。
それでも当たり負けはしておらず、キッチリ崩してトライをとっていたので
拮抗した雰囲気の内容だった。特に⑧志賀選手と⑥坂本選手の活躍が光った。
しかし、⑮松浦選手と⑪夏井選手が負傷退場になった後半は、関東学院大の
早い集散と力強いアタックに受け身になり連続トライを許し差がついてしまった。
関東学院大は自分たちのラグビーを忠実に展開する、良いラグビーをしていました。
今日、課題となった集散の早さと確実なフォローをどう修正するか期待したい。
今出られるメンバーでどう進化できるか実力を付けられるかが問題ですね。


    [前半]     [後半]     [合計]
専修大B 26(4T3G)   26(4T3G)   52
関学大B 14(2T2G)   36(5T4G1PG)  50

①ブラウン健人1 ②米沢豪真1 ③束田涼太4 ④松岡博希1 ⑤小川将永3
⑥中里航太朗2 ⑦折居慎斗1 ⑧ウエストブルック1 ⑨杉山郁泉1 ⑩松尾東一郎1
⑪寺下義人2 ⑫平山壮太1 ⑬木元慎也4 ⑭新名優樹2 ⑮檜山成希2
(リザーブ)網谷龍太4、原健将2、松尾龍之介1、西尾開登1、西小路大河2
関原駿平3、山下拓真1、小田剣3、森野幹太2、水野晋輔1、春口陽1
藤本大生2、新納圭2、片岡領3

レギュラー陣のケガのためBチームは一年生7名がスタメンとなる陣容になる。
このチームでも集散の遅さなどでミスと反則が多く苦しむ。
ロスタイムに片岡選手がトライをあげ何とか勝利できました。
何と言ってもケガ人の復帰が待たれます。
 

今後を占う一戦

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月19日(土)09時18分11秒
返信・引用
  今日の関東学院大戦はライバル校として、また主力
選手数名が出場しないなかで、どこまで戦えるかを
試されるゲームです。
レギュラーを狙う選手がどこまで進化し、チーム内
のレギュラー争いに加わるか、チーム力の底上げが
望まれる試合です。
選手の皆さんには、ケガには充分注意して頑張って
ほしいと思います。
 

野口選手

 投稿者:小田原本町  投稿日:2018年 5月18日(金)23時58分23秒
返信・引用
  明日は特にJapan seven 代表、野口宣裕選手を見たいと思っています。  

レンタル掲示板
/383