teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:70/4716 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

大学選手権・準々決勝の結果 - ラグビー愛好日記 | J SPORTS より

 投稿者:産大卒  投稿日:2017年12月24日(日)14時45分40秒 FL1-118-110-16-168.osk.mesh.ad.jp
  通報
  『京産大の大西健監督は「負けたけど、よう頑張りました。(入院中の)中川も喜んでくれるでしょう」としみじみ語った。
「どんなメンバーでも京産大の練習をしたら、そこそこ行けると自信になったでしょう。財産になります」。

中川に代わってキャプテンを務めたPR酒井は、中部大春日丘高校時代はリザーブ、交代出場のLO廣隆太郎は東海大仰星
高校時代、公式戦には出ていなかった。U20日本代表などの代表歴のある選手は先発でLO伊藤鐘平、CTB坂本のみ。
日々の早朝練習はじめ、地道な努力を重ねてたどり着いた準々決勝。ミスもあったが、力を出し切った試合だった気がする。』

『第2試合は、関西王者の天理大が、関東大学リーグ戦1部2位の東海大を迎え撃った。実は試合前、天理大のロッカールーム前には、
京産大の選手たちが着替えることなく待っていた。天理大の選手がロッカーから出てくると、花道を作り、大きな拍手と
激励の声で送り出す。涙する天理の選手もいた。いつもながら良いシーンだ。』


赤紺ラグビーを見ていると、やっぱり「練習は嘘をつかない」のだなとつくづく感じます。そして花道を作って、
エールを送るおなじみのシーン。みんな素晴らしいです。

https://www.jsports.co.jp/rugby/loverugby/post-2642/

 
 
》記事一覧表示

新着順:70/4716 《前のページ | 次のページ》
/4716